March 05, 2007

E-410,E-510

Pc274234b
OLYMPUS E-300 + SMC FA 77mm Limited F1.8

ついにあのE-400の国内版がオリンパスから発表されましたね。
噂通りライブビューができるようになっているようです。さらに同時発表のE-510は手ブレ補正も搭載した機能てんこ盛りの機種ということでオリンパスらしいというか、かなり力が入っているようですね。
ぱっと見のスペックやデザインの感想としてはいくつか残念な点があります。

まず、E-510はフォーサーズ用レンズしか手ブレ補正が効かない(らしい)事。フォーサーズマウントって、キヤノン以上にマウントアダプターで多彩なレンズを取り付けられるだけに、この点はとても残念です。K100Dのように、どんなレンズでも手動で焦点距離を入力することで対応されるなら、他メーカーユーザーにもかなり有力な購入動機となると思うんですが・・・。

あとは名前かな・・・410とか510ってどうも中途半端で、特に既に発売されているE-400ならその上にライブビューがついたということで、E-400Lとか(OM時代の2桁機のように)E-40、E-50等にしたほうがすっきりしたかも。

あとはどちらもコンパクトな筐体に似合う廉価で小さいレンズがどれだけ用意できるかも結構重要かも。今までのフォーサーズレンズって、キットレンズ以外はでかくて高いというイメージしか無いんですよね。性能は確かに良いのですが・・・。

デザイン的には私としては潔く小さくてグリップも控えめなE-410のほうがやっぱり好きかな~。たとえ同じ値段で販売されて(実際にはE-510が一万円ほど高いらしい)手ブレ補正がついていなくてもE-410のほうが持つ喜びは大きそうです。手ブレ補正がフォーサーズ以外にも対応ならE-510もいいけど。(E-510もグリップ部が無ければかなり良いデザインだと思います。)

とにかくデジ一眼がグリップが出っ張ったデザインばかりの中、E-410のようにデザインが(今となっては)個性的でシンプルなスタイルを持つカメラはできるだけ売れて欲しいものです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 25, 2007

XPHomeEditionサポート期限延長

 昨日、NHKのクローズアップ現代を見ていたらWindowsXPのHomeEditionのサポート期間が2014年4月まで延長されたとの事。どうやらMSがVistaでまた大量の販売を見込んでいたはずの政府、公共機関でOSのみならず従来のハードの買い替えを強いる金食い虫のVistaよりも、従来のハードで無理なく動き、無料で使用できるLinuxを積極的に採用しようという動きが出ている事に慌てたらしいですね。さらに公共機関がLinuxを採用すれば必然的にそれらと関わる民間企業でもLinuxの導入が進むという危惧もあったのではないでしょうか。

 たまにはお役所も良いことをするものだと感心。国民の貴重な税金が一独占企業に食い物にされるのはたまったものではないですね。これを機に、少なくとも公共機関では金のかかるOSの使用はやめて欲しいものです。事実上、市販OSではMSに対抗する企業が無い(アップルコンピュータもアップルに名前を変えたことですし)以上、MSのやりたい放題、王様のMSが次の製品を出せば、消費者は奴隷のようにその製品にハードごと買いかえさせられる状況というのはどう考えても歪(いびつ)です。

 Linuxはその背景から、導入からセキュリティサポートまで、利用者にそれなりのスキルを要求するのが特に一般消費者にとって大きな障壁となっています。いっそ政府のほうでLinuxの促進を図るような機関を設置して積極的にLinuxを支援していただければ、私たち消費者に齎されるメリットも少なからずあるでしょう。導入からサポートまで国をあげて支援すれば、国自体もITに関するスキルが上がり、MSの独占体制も緩み、王様も消費者の都合、顔色を考えた商品開発・サポートをするようになるかもしれません。今はLinuxでは一般への普及率が低く、ウイルスも少ないのでワクチンソフトを開発してもあまり儲からないため、市販のセキュリティソフトは主に企業向けなのが多少あるくらいで、ちょっと使いづらいですね。こんなところにこそ国営でセキュリティ関連ソフトを開発、廉価で販売する公益法人を立ち上げても良いのではないでしょうか。

 少なくとも過去のOSのサポート延長など眼中にないといった強硬な態度だったMSが、今回顧客からの反発で態度を一変したことは、私たち奴隷状態のユーザーにとっては非常に大きな意味があるように思います。

 いずれにしても、個人的にはVistaが発売されてもしばらく不買運動は続けようかと思いますが、3DsMAXやShadeがVistaでしか動かなくなったり、ハード自体の能力が飛躍的に上がった場合はPCごとの渋々導入を考えるかもしれません・・・・

 Vistaが売れなければ、こんな心配も無用なわけで、本気でVista、こけて欲しいなぁ。OSは今の機能で資源の消費を抑えて動作を軽く、セキュリティを高める方向で、ハードは従来通り普通に高性能化を目指していただければ文句ないんですけどね。
見栄えばかりの鈍重なOSは要らない。

Pc274088a
OLYMPUS E-300 + SMC FA 77mm Limited F1.8


| | Comments (2) | TrackBack (1)

December 29, 2006

E-300+FA77mm(2)

昨日に引き続きE-300とFA77mmの組み合わせで。

Pc274317
OLYMPUS E-300 + SMC FA 77mm Limited F1.8

絞っても柔らかなトーンが良い感じです。


Pc274285
OLYMPUS E-300 + SMC FA 77mm Limited F1.8

開ければ綺麗なボケのおかげでピントが来たところにはよりシャープさが浮き立つように思います。


Pc274241
OLYMPUS E-300 + SMC FA 77mm Limited F1.8

絞り4くらいだとシャープさと自然なボケが渾然となって何気なく撮ったものでも、画像を見るとおや?と思うようなものが撮れる気がします。

E-300、久しぶりに使いましたが、写りの素性はなかなか良いですね。^^
ただ気まぐれなAWBがなぁ・・・(笑
太陽光固定でも全体にややマゼンタが被っている感じですが、まあE-300の独特な持ち味ということで色味は修正しませんでした。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

December 28, 2006

E-300+FA77mm

 26日のコメントでちょっとE-300とFA77mmの組み合わせに興味を持ち、近代インターナショナルのKマウントアダプタをかませてE-300とFA77mmで散歩に出かけました。

Pc274002
OLYMPUS E-300 + SMC FA 77mm Limited F1.8

 フォーサーズだと35ミリ換算で154ミリですが、K100D同様、それほど違和感無く使えました。ちょっと後ろに移動する量が多くなった感じでしょうか。絞込み測光が使えるので楽ですが、オートホワイトバランスだと一絞り絞っただけで画面が真っ青になってしまったりするのがE-300です。あまりAWBは使わないほうが良さそうですね。

Pc274023
OLYMPUS E-300 + SMC FA 77mm Limited F1.8

 E-300でも滑らかなボケ味は健在、案外マッチングが良く、Eシステムにおいても十分実用レンズとして使えるかもしれません。^^
とりあえず今日はマクロ的なのを。上の2枚のうち、下は開放、上のは開放から1クリック分絞ったと思います。開放だと露出によってはハロっぽくなるので、安定した絵が欲しい時はわずかでも絞るほうが良いようです。

ついでに以前K100Dで撮ったのと同様の葉っぱを2枚。

Pc274064
OLYMPUS E-300 + SMC FA 77mm Limited F1.8

絞りは前回より上の葉では開けています。撮った時刻が前回は夕方だったので光の当たり方が違いますが、フォーサーズなので、前のAPS-Cサイズと比べるとちょっと被写界深度が広がっているのがわかりますね。

Pc274077
OLYMPUS E-300 + SMC FA 77mm Limited F1.8

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 15, 2005

蔵出し画像~猫~

今日の蔵出しは猫です。
わんこも良いですが、わが道を行く野良猫くんたちはまた別な魅力があります。
昔は野良犬も結構いたものですが、今は野良猫くんしか見かけませんね。
すっかり寒くなって生活もなかなか大変でしょうが、がんばってください。>猫達

P1210439c_mono
(OLYMPUS E-300 + SMC PENTAX-M 135mm/F2.5)

↑なかなかの面構えです。黄ばんだモノトーンにしてみました。
ボディがE-300なので135mm/F2.5のレンズも一気に倍の270mm/F2.5になり、お得です。


IMG_4240
(Canon EOS 10D + TAMRON AF28-300mm F3.5-6.3XR MACRO)

↑以前このブログで横位置で掲出した猫です。ふさふさです。
タムロンのスーパーズームは侮れない描写をします。名前の長さも侮れません。

IMG_4243
(Canon EOS 10D + TAMRON AF28-300mm F3.5-6.3XR MACRO)

↑上の猫です。駅が縄張りのようです。人に慣れている猫です。
背中に哀愁があります。

IMGP4273a
(PENTAX *istD + SMC PENTAX FA43mm/F1.9 Limited)

↑これも以前掲出した猫です。金網ごしの日の丸構図です。
リミテッド43ミリの描写はさすがです。ふわふわです。

IMGP5479
(PENTAX *istD + SIGMA55-200mm F4-5.6 DC)

↑近所の自然の森公園のワイルドなキャットです。
薄暗いところでは若干不利なレンズですが、コンパクトで安いのによく写ります。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 27, 2005

OM ZUIKO 200mmF5

ん~、仕事やら何やらでちょっと忙しかったんでご無沙汰しちゃいました。

で、ついにオークションで手に入れちゃいましたよ、OM ZUIKO 200mmF5をヽ(^▽^)/
早速E-300に付け、35mm換算400mmF5として散歩に出かけました。

ちょっと前まで晩夏だったのが、ここ数日で突然秋になった感じですね~。

PA243761S

テストも兼ねて逆光でどアンダーでススキを。こうしてみるとあれですな、「幽霊の正体見たり、枯れ尾花」という奴ですか、幾重もの手がうらめしや~というか、おいでおいでしている感じがしませんか(^^
E-300はこういう全面黄色系の被写体の場合、オートホワイトバランスだと思いっきり青系に転んでくれたりするのですが、はまるとなかなかいい感じになりますね。(笑
ちなみにこの写真、撮影はJPEG撮りで、わずかなコントラスト調整、リサイズ、アンシャープマスク以外の補正はかけていません。

PA243877S

この時はF5の開放をメインで色々撮りましたが、とてもシャープで、それほど色収差も目立たず、意外にぼけも綺麗な感じのレンズだと思いました。


IMG_6328S

↑F4と比べるとこの大きさで、一絞りでも稼ぎたいというよほどのシチュエーションでもなければF5で十分ですし、このコンパクトさは魅力です。

F4同様フードも内蔵で便利ですね。さすがに逆光ではフレアが発生しやすいようですが。
発色もやや地味目な印象ですが、とてもすっきりとした写りをするレンズだと思います。脳内お気に入りレンズ殿堂入りです。(笑

あと、ブログ更新が遅れ気味になっているのは、実はちとカメラを完全自作してみようかと思い立ち、試行錯誤中なのです。あれこれやっているとすぐ時間が経つんでブログ更新の暇も無い状態で(笑・・・。カメラ自作なんて初めてだし、うまくできるかどうか・・・しかもずぼらな性分なので当然図面なんかは起さずに、全部現物合わせの出たとこ勝負・・・。問題課題山積ですが、まあ、うまくいったらお慰みです。(^^;

IMG_6320S

| | Comments (6) | TrackBack (0)

October 17, 2005

トレーニングマシン

トレーニングマシンと言っても体を鍛えるマシンではありません。(^^;

レンジファインダー機用のレンズには距離計に連動しない、目測前提のレンズがあります。
まあ、通常は広角系のレンズなので、絞って使えば目測がかなりはずれていてもなんとかなる場合も多いわけですが、せめて1メートル~5メートルくらいまで自分の距離に対する勘を養っておけば安心して絞りを開けて使うこともできますし、さらにLマウントにはフランジバックの関係でかなりの種類のマウントアダプターが存在し、これら経由で色々なメーカーのレンズを使う場合は特殊なマウントアダプタを除き、広角~中望遠まで全て目測で対応するか、外付けの距離計や別な距離計内蔵カメラを測距に使うことになります。

というわけで、自分はどのくらいの距離勘があるのかを探るため、E-300にオリンパスやペンタックスの40mmや50mmといったフォーサーズでは中望遠になるMFレンズを装着し、ターレットファインダーを付けて試してみました。
方法は簡単で、被写体までの距離を勘で決めてピントリングをセット、レンズの開放付近の絞り(F2~F4程度)でターレットファインダーの実際の画角に近い焦点距離を使ってフレーミング(この時勘に基づいたパララックス調整も行う)して撮影し、その場でどの程度ピントが合っているか確認、これを色々な距離の被写体を選んで繰り返すというものです。

E300S

結果はまあ、散々です(笑
2メートルくらいかな?と思ったところが2.5メートルだったりと、近めの距離で中望遠開放付近だと数センチずれたらぼけぼけになります。もちろん、別に一眼レフで被写体を決めてファインダーを見ずにピントを設定し、そのあとファインダーを覗いてピントがあっているかどうかを確認すれば済むわけですが、それではあんまり面白くありません。(^^;)

そんなわけで、折角のデジタル一眼ですから、じゃんじゃん撮ってその場で確認、距離勘を鍛えることができるかな?と思ったのが今日のタイトルです。(笑
特にE-300の場合、ペンタ部が無いシンプルな箱型なので、ターレットファインダーをつけると妙に恰好よくなります。さらに内蔵ストロボもアクセサリーシューから外れている位置にあるため、外付けファインダーと同時に使うことができ、その姿はまるで変形すると武器が一杯出てくるモビルスーツか、十徳ナイフかと思わせるメカっぽさです。また新たなE-300の魅力を発見です。(笑)

今後はこの距離勘養成トレーニングマシンを使って距離勘を養い、より精度の高い人間距離計を目指したいと思います。(w

また、これをやっておくと手持ちのレンズの距離指標の信頼性の確認にもなります。ペンタのM40mmは良い感じでしたが、コシナの20mmは違いすぎ・・・・フォーサーズは誤差を大きく見せるにしても、これはあまりにもあてにならないかも・・・・_| ̄|○

↓たとえばこういう薄暗いところで広角で無くても目測でピンがびしっと決まると嬉しいかなと・・・(笑

Imagea6S
LeicaIIIf + Super WIDE-HELIAR 15mm F4.5
+ KONICAMINOLTA CENTURIA SUPER 200

それと、E-300で外付けファインダーを付けて使っていると、意外に撮影が楽しいんです。(結構本気)
考えてみればこれはベッサLを分厚くしたデジタル版を使っているようなものでもありますし、面倒な距離合わせも楽しめ、シャッター音も歯切れ良く、ブラックアウトも起こらないので軽快な撮影フィーリングが心地よく、これで人間距離計としての精度が増せば、このスタイルも十分有りかな・・・と。(笑

ああ、自分がどんどん不便好きな変な人になっているような気がする・・・・(笑

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 13, 2005

COSINA 20mmF3.8

先日、何ヶ月か前に近所のキムラに発注していたOMマウント用COSINAの20mmF3.8が入荷した旨連絡があり、無事入手できましたので、早速試してみました。

om1_c20

まず、OM-1に装着し、トレビ100を使用して撮影。OMシリーズに装着するとレンズの緑色文字主体の指標がちょっとミスマッチな感じで、この辺は色使い的にはFDマウントのほうが似合うかもしれません。大きさ的にはコンパクトなボディとの釣り合いがサイズ・重さとも丁度良い感じです。外観もプラスチック主体ですがNewFD風でそれほど安っぽいというわけでもなく、最近のAFレンズよりは好感が持てます。(特にペンタックスのFA筒レンズやEOSの安い単焦点レンズなどと比べると)

IMG017orgS

上の画像はスキャンしたまま縮小し、アンシャープマスクをかけただけのものですが、全体的な写りの傾向は同じコシナの19-35mmのM42マウントズームに似ていて色あいはあっさり目で青っぽく、コントラストも弱めという印象です。(NikonCOOLSCAN V ED、ノーマル設定でスキャンした場合)
まあ、スキャンした後に画像のレタッチを前提とするなら、コントラストや色の飽和が無いほうがやりやすいかもしれません。
↓上の画像をレタッチしてみました。(拡大表示あり)

IMG017aS

単焦点としてはやや樽型の歪曲収差が目立ちますが、19-35mmズームレンズほどではありません。周辺減光も条件にもよりますがF5.6くらいまでは目立つかもしれません。F8以上に絞れば気にならなくなります。周辺では色収差もそれなりに出ます。

IMG024aS

今の時点ではこのお値段で特に破綻の無いこの写りならOKというところでしょうか。
まだフィルム一本しか撮っていないのでもうちょっとテストしてみたいと思います。

このレンズの美点はとにかく安いこと(F3.8とはいえ、各種マウント用新品20mmレンズが1万円ちょっとで買えるのは凄い。)、コンパクトなこと、コシナの19-35mmズームレンズよりは画質が良いこと、最短で20cmまで寄れることなどでしょうか。画質的にはおそらく各マウント純正のレンズより物足りないような気もしますが、最短距離も優秀で、そこそこ普通に写る性能などは値段を考えると純正品を手に入れるまでのつなぎ、あるいはサブとして持っておくには良いかもしれません。(ただし在庫が無い場合は何ヶ月か待たされる可能性がありますが・・・(^^;)

また、E-300に装着すると35mm換算で40mmF3.8の標準レンズクラスになりますが、20cmまで寄れるのでコンパクトさと相まってなかなか使い勝手は良いです。写りもフィルムで使うよりメリハリがある感じで、案外相性が良いのかもしれません。こちらももっと色々なシーンで撮影してみないとなんとも言えませんが、期待が持てる写りです。

PA063385S

↓やや樽型の歪曲がでます。

PA063376S

↓これよりさらにもうちょっと寄れます。

PA063336S

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 09, 2005

OM ZUIKO 200mmF4とE-300

今日のタイトルとは関係ないですが、昨日朝のウルトラマンマックスはなかなか感動的でした。
マックスは毎回特撮もストーリーもスタッフのがんばりがダイレクトに伝わってきて、とても好感を持って観ているのですが、まさか初代やセブンの頃の円谷特撮ドラマ全盛期並のクオリティの「作品」が観られるとは正直期待してませんでした。(^^;
テーマは目新しいものでもありませんし、恐ろしく強引な展開のファンタジックな話ですが、三池崇史監督のここまでやるかという丁寧かつ力強い演出(前半の息をもつかせぬ戦闘シーンも凄いですが、最後のほうのダッシュバード?のコクピットからマックスと怪獣イフが宇宙に出るのを隊員たちが見送るシーンで1カットの合成であるにも関わらず、最初手前の隊員達の後ろ姿にフォーカスがきていて窓の外のマックスはアウトフォーカス、続いてイフが通る時は合成されたイフのほうにピント移動しているという凝りぶりが凄い!)と佐々木麻緒ちゃんという6歳の子役さんの演技に泣かされましたよ。(;_;)
興味のある方は「第三番惑星の奇跡」で検索してみてください。
来週も三池監督の爆笑狙い作品との事ですので期待が高まります。(^^)

さて、今日は先日にひき続きOM ZUIKO 200mmF4(モノコート版)とE-300の組み合わせについて。

PA063305aS

E-300に200mmをつけると35mm換算で400mm相当となり、使用目的(撮影対象)がある程度はっきりしていないと使いづらい面もあったりしますが、フィルム機のOMシリーズやフルサイズデジタルに標準・広角系レンズをつけて一緒にもって歩けばレンズ交換で望遠側では200mmと400mmの両方が使えることになり、特に目的の無いお散歩スナップ等でも偶然出遭った遠くの猫や鳥を撮りたいと思った時に対応でき、コンパクト設計も相まって相乗的に使い勝手は良くなると思います。

PA063290aS

今回はE-300につけた400mm相当の画像ですが、先日書いたようにE-300とは相性が良いレンズのように思います。
デジタル一眼レフが価格的に入手しやすくなってきた頃からネット上では銀塩時代の個々のレンズとの相性といった話題が多く語られていたように思います。最近はデジタル対応(専用)レンズも増え、一時ほどでは無いようですが、ここに来て廉価?版フルサイズデジタル機EOS5Dの登場でEFおよびマウントアダプタ経由の銀塩時代のレンズとの相性問題(笑)がクローズアップされるかもしれませんね。

PA063402S

難しいことはよくわからないのですが、色々レンズを試してみると、やはり相性が良い・悪いといったことはあるようで、自分の場合、レンズをデジタル機に装着した時にコントラストの高いところの色収差(パープルやグリーンの滲みなど)が銀塩時に比べて目立つことなく、開放付近でハロ(ピントが合っている部分もオーラのようにうっすらと光で滲んでいる現象)が強調されず、全体の画としてみた時、特に開放付近でコントラストが適度でくっきり写っている印象がある場合にこのレンズは相性が良いなと感じます。

PA063408bS

今回のZUIKO 200mmF4の場合、開放F4でも色収差はあるものの割と目立たず、ハロによる甘さは感じませんし、全体的にコントラスト・解像感のあるすっきりとした画像が得られましたので、私としてはE-300と相性の良いレンズとして認定させていただきます。(笑)

本日はいずれもOM ZUIKO 200mmF4 + E-300。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 07, 2005

OM ZUIKO 200mmF4

先月OM ZUIKOの望遠レンズ、OM ZUIKO 200mm/F4を銀座で購入、最近これを使って撮影しましたので、その感想など。

IMG001aS

このレンズは開放がF4なので比較的小型で値段も廉価なのが良いですね。フード内蔵なのも使いやすいです。
大きさ・重さはPENTAX-Mの200mmF4と似たり寄ったりですが、PENTAXのものより1.5cmほど長いようです。

で、このレンズをOM-1に装着、色々撮ってみたのですが開放付近でコントラストの強い部分はやはり色収差でパープル色やグリーンに染まるものの、全体的にはコントラストも悪くなく、解像感もあり、ぱっと見PENTAXの200mm/F4より絵が締まっている印象をうけました。開放でも後で収差やコントラストをちょっと修正すれば十分使える感じです。下の画像は上の等倍画像(4000dpiでスキャン)の一部を切り取ったものです。

IMG001toubai

一番上の縮小画像では上記の色収差が目立つ部分や全体の明るさ、コントラスト等、かなり調整していますが、もとの画像が悪くないので比較的楽に修正できました。

IMG009aS0

ぼけ方も悪くないと思います。

IMG016aS

軽く絞れば解像感も十分です。


上の写真は全てOM-1でフィルム撮影(ベルビア100)ですが、PENTAXの時と同様、アダプタ経由でE-300で撮影してみたところ、開放での色収差がフィルムの時より目立たない感じで、意外とこのレンズ、E-300と相性が良いのかもしれません。(フィルムと同じ条件で同じものを撮ったわけではないので必ずしもそうだとは言い切れませんが・・・)

PA063325S

下の画像は開放F4でE-300で撮った上の等倍画像を一部トリミングしたものです。色収差は出ているのですが開放にしては目立たず、全体にシャープに撮れているように思います。

aisyou3

ZUIKOには200mm F5というレンズもあるそうで、そちらはかなりコンパクトらしく、今回F4のレンズが好印象だったので、F5も見かけたら是非精進してみたいものです(笑)

ちなみにこのZUIKO 200mmF4や200mmF5には発売時期によってモノコートタイプと改良版のマルチコートタイプ(MC)があるそうです。うちの個体はモノコートのほうでした。
(NOBUさん、ありがとうございました。)


| | Comments (2) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧