« アドオンのボタンをショートカットキーに登録する方法 | Main | 【Set Weight Only Selected Vertices】ウエイトを選択頂点だけに設定するアドオン »

August 12, 2014

【Bone Modeling Helper2.1】BMH2.1

アドオンのBMH2(Bone Modeling Helper2)を2.1にバージョンアップしました。

本バージョンでは、以下の機能が追加されています

・ボーンから辺(エッジ)を作成する機能
・頂点から右側のボーンを一括で反転して左側、またその逆に差し替えする機能
 (メッシュのミラーモディファイアを確定したような機能)
・繋がっているボーンのリンク選択機能
 (メッシュのリンク選択のような機能)
・繋がっているボーンの名前のナンバリングを修正する機能
・全ボタンにショートカットキーを割り当て
・多くの機能でUndoがきくようになった


新機能解説動画:

日本語

English

[ダウンロード / download]

アドオン本体(Add-on)
BoneModelingHelper (ver.2.12)

text: bmh212.py
zip: bmh212.zip

ナンバリング修正とショートカット割り当てはver.2.0のページのgonzouさんのコメントを参考にさせていただきました。
ありがとうございました。

<2014.08.19追記>

bmh2.10をバグ修正版の2.12に差し替えました。
(修正内容)
ボーン編集モードでXミラーオプションがオンの場合、一括ミラーボーン作成を使うと左右すべてのボーンが削除されるバグを修正しました。

|

« アドオンのボタンをショートカットキーに登録する方法 | Main | 【Set Weight Only Selected Vertices】ウエイトを選択頂点だけに設定するアドオン »

Comments

すごいです、すごいですっ!! (゚▽゚*)
本当にありがとうございます。ここ数日、足のリグでいろいろ試行錯誤してたので、助かります! 

あと、リンクボーンを一括選択、、これ本当にたすかります。
blenderのチャイルド選択とかだと対応しきれないのが、
一挙に解消できました。よくcollada形式で服やアクせを含め
一括でフィギュアごと持ち込むんですが、まったく同じいらないリグを消すのにいつも大変だったんで、ぜひ欲しい機能だったんです。
まさにタイムリー! 自分でスクリプト組めないので泣いてました。^^; 今後はpythonも少しずつ勉強しようと思います。

もしも何か不具合があれば、報告させていただきます。ありがとうございました。

あ、、石灯篭さまは、armatureでポーズ適用中、
shape keyでのメッシュ編集で、困ることありませんか?
あまり知られてないようなのですが、なかなか使えるadd onだったので、もし見逃しておられるなら、お試しください。

http://wiki.blender.org/index.php/Extensions:2.6/Py/Scripts/Animation/Corrective_Shape_Key
私の環境では シェイプキーに返還するとき、一番下のslowerという
奴を使わないとうまく作ってくれないですが、とても便利です^^

Posted by: gonzou | August 22, 2014 at 08:40 AM

>gonzou さん

2.1へのバージョンアップではgonzouさんのコメントが大変参考になりました。ありがとうございました。
ボーンのリンク選択は当然デフォルトであるだろうと思っていたんですがなぜか見当たらなかったのでつけてみましたが、お役にたっているようで、とても嬉しいです。(^^)

aad_corrective_shapekey.pyはなぜか現在ダウンロード先から削除されているようですが、アーマチュアによるメッシュのポーズをシェイプキーに変換するアドオンのようですね。
リンク先の注意書きを見ると、ボーンがエンベロープを使っているか、デュアルクォータニオンスキニングを使用しているとFast/Armature メソッドが使えないようなことが書いてあるので、もしかするとオートマチックウェイト等を使ってバインドされたメッシュのモディファイア項でPreserveVolume(体積を維持)のチェックを外すと、fasterも使えるのかもしれません :)

Posted by: ishidourou24/いしだ(石灯篭) | August 22, 2014 at 02:53 PM

リンク切れてますね ごめんなさい。(゚ー゚;
上で触れた add onはtrunkになったようなので、もしかしてすでに、入っているかもしれません。
ダウンロードしなくてもプリファレンスに既にあった気がします^^; 
ココに元ファイルのリンクがあり、バージョンアップが何度もされてますが
ここが正解リンクのようです ^^;

https://svn.blender.org/svnroot/bf-extensions/trunk/py/scripts/addons/animation_add_corrective_shape_key.py

armature のモディファイアー オプションを編集可にすれば、
コピーしなくてもできるんですが、マニピュレーターやピボットポイントは、
元のゼロポーズ位置のままだったり、proportional editing の中心が完全にずれていたりと、非常に編集しづらいですよねっ?(私だけかも^^;?)

あと、ポーズ適用時、複製されたメッシュを外部アプリケーションで編集して、インポートしたのも、そのままシェイプキーに登録できたりします。 これがないと、
ゼロポーズ以外たぶん無理と思ってる次第です(私だけかも?^^;)

Posted by: gonzou | August 22, 2014 at 11:38 PM

>gonzou さん

なるほど、2.71で確認したところ、最初から入っていました:)
修正内容によってはピボットやマニピュレーターの問題はプロポーショナル編集やスカルプトモードを使うことでもある程度解消できますが、
選択頂点の一括回転や拡大などはこれを使うと効率よくシェイプキーを修正できそうですね:)
(ちなみにこちらでもやはりfaserはうまく動かないようです)

便利そうなアドオンのご紹介、どうもありがとうございました(^^)

Posted by: ishidourou24/いしだ(石灯篭) | August 23, 2014 at 05:30 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« アドオンのボタンをショートカットキーに登録する方法 | Main | 【Set Weight Only Selected Vertices】ウエイトを選択頂点だけに設定するアドオン »