« July 2013 | Main | September 2013 »

August 30, 2013

平べったい目のリグ2

というわけで、前回の平べったい目のリグを頭が動くモデルに実装してみた例です。






目の変形用のEmptyを直接頭のboneの子にしています。
この方法は瞳が端にいくほど変形するので、もとの目(sphere)を大きめにして違和感を
緩和してみました。

↓上掲動画のblendファイル(blender 2.68aで作成)

LTMiku004e_pkd.blend (1.2MB)

Sc001


ついでにMMDのモデルでよく使われている白目の部分を凹ませて瞳だけを動かすモデルも
作ってみました。雑な作りですが…(^^;
リグもシンプルになるし、ポリゴンも減るのでこれもなかなか優れた方法ですね:-)






↓上掲動画のblendファイル(blender 2.68aで作成)

LTMiku004_typeB_toon_pkd.blend (0.8MB)

Sc002

各ファイルは良識の範囲でご自由にお使いください:-)


| | Comments (0)

August 28, 2013

平べったい目のリグ

デフォルメされた平べったい目のリグテスト。






やり方は色々あると思いますが、今回は目玉の親に変形用のEmptyを指定。
Emptyをz方向に拡大、y方向に縮小して平べったい縦長な目に変形。

目の動きは一般的な目のboneの回転をCopy Rotationコンストレイントでコピー
するようにしました。

この方法のメリットはUVテクスチャをoffsetで動かすのと違ってSolid
表示でもプレビューできるということでしょう:-)


↓上掲動画のblendファイル(blender 2.68aで作成)

 eyeplanetest05.blend (0.7MB)

ファイルは良識の範囲でご自由にお使いください:-)

Sc01

| | Comments (2)

August 27, 2013

【MEMO】blenderのバージョンの使い分け(win7)

Windowsに慣れた人なら普通にやっていることだと思いますが、一応blendファイルを
blenderの好きなバージョンで簡単に開く方法をメモっときます:-)

Windows7用ですがXPとかVistaでもいけるんじゃないかな~?

●下準備(1回だけやっておく)

1.スタートボタン(スタートメニュー)の検索欄に shell:sendto と入力
2.表示されたSendTo フォルダを一階層下がりSendToフォルダのショートカットを作成
3.2.のSendToのショートカットをSendToフォルダに放り込む

●blenderの別バージョンをDLする度に行う

4.blenderのzip版ファイルをダウンロードしたら解凍、本体のblender.exeのショートカットを作成
5.4.のショートカットをバージョンがわかる様に改名(例:blender2.67b)
6.5.のショートカットを右クリックして「送る」からSendToのショートカットに送る

●blendファイルを開く

7.blendファイルを右クリックして「送る」から好きなバージョン(6で作ったショートカット)に送る

Sc01

昔のWindowsはSendToフォルダ、簡単に見つかったんですけどね~:-)

| | Comments (0)

August 26, 2013

ミクさんPVを作る23

2番Bメロまで。






最近なぜかヘアのシミュレートがいちいちBakeしないとできない状態に。
さらに最近のバージョン上ではヘアを一から作り直さないとBakeしても反映せず。

以前はBakeを解除すれば1フレーム目から再生するだけでシミュレートがプレビューに反映されたんですが、
今は昔のバージョンでもなぜかできなくなっている…
バージョンまたいでデータ加工するうちにデータ内に不具合が生まれているっぽいんですが、Blenderの仕様も
プレビューで反映されなくなったのかな?

謎ですorz

まだ所々直したい部分もあるんですが、とりあえず前に進むのを優先することに:-)


| | Comments (0)

« July 2013 | Main | September 2013 »