« カウントダウンクリップを作る | Main | CloudTextureで湧き消える雲 »

January 23, 2013

森のデータ

Blender 2.65aでやや広めの森のデータを作りました。
木漏れ日用のハロを強く出すためにスポットライトのFalloffをConstantにし、それによる光量アップを
worldのAmbient OcclusionをMultiplyにして抑えることで、柔らかい雰囲気を持った森になったような
気がします。

Sc01

↓blender2.63以降用blendファイル

blender2.63以降用 Forest02.blend (9.5M)

データはご自由にお使いください:-)
なお、草木はパーティクルによる単純な力技なのでCPU/GPUにパワーが無いとかなり重いです(^^;

|

« カウントダウンクリップを作る | Main | CloudTextureで湧き消える雲 »

Comments

いつも、すばらしい作品に驚いています。私は、最近孫ができて、その記録用動画編集に使えると思い1か月ほど前からBlenderを使い始めました。蜩さんの作品はこうして出会いました。しかも、作品を利用することを了承いいただけるのは、初心者にとって、ありがたいことです。そこで、2011.07.06に制作された「Blenderで桜」を孫の入園式のDVDの導入部分に使用したい思っております。こうした臨場感あふれるきれいな桜並木と桜吹雪はとても素晴らしいと思います。ただ、私のPCでレンダリングすると、ピントが甘くなってしまうような気がしています。本当は、もっとクリアーな作品に仕上がっているのだろうと思っています。ちなみに私はPNGでレンダリングして、これを統合して動画にしています。ピントがもっとクリアーになる方法があれば、お教えいただきたく存じます。突然で、しかも大変厚かましいお願いで恐縮ですが、よろしくお願いします。

Posted by: 北村 | March 16, 2013 at 11:25 AM

>北村さん

データのご利用、ありがとうございます(^^)
お孫さんを授かられたということで、おめでとうございます。
成長が楽しみですね。

さて、ピントの件ですが、アップしたデータは768x432で設定している
ので、例えば本編がフルHD(1920x1080)の場合、一緒に見ると余計に
甘さが目立つのかもしれません。
エッジをシャープにレンダリングする方法としては

・レンダリングサイズをできるだけ大きくする
  →レンダリングプロパティ(カメラボタン)のResolution:の
 の値を変更
  (PCのメモリとパワーに応じて可能なら1280x720~1920x1080)

・アンチエイリアスを切る
  →レンダリングプロパティのAnti-Aliasingのチェックをはずす
   (ただし、エッジがギザギザになり、動画にするとチラつきが目立ちます)

・フルオーバーサンプリングを切る
  →Anti-AliasingのFull Sampleのチェックをはずす

・アンチエイリアスのサンプリングサイズを上げる(最大16)
  →Anti-Aliasingの5,8,11,16から選択
   (値が大きいほどエッジが綺麗ですが時間がかかります)

・アンチエイリアスのフィルタサイズを大きく(最大1.5)にする
  →Anti-Aliasingの右下の数値を1.5に変更

・アンチエイリアスのフィルタの種類を変更する
  →Anti-AliasingのBox等のリストから種類を選択
   
※フィルタの種類の詳細はhttp://wiki.blender.org/index.php/Doc:2.4/Manual/Render/Options/Antialiasing
が参考になると思います

また、後ろの板ポリゴンにマッピングされた桜については
板ポリゴンを選択してマテリアルボタン→テクスチャボタンの順に押し、
プレビューで桜の画像を確認したら、▼Image Samplingを開けて、Filter Sizeを
最小(0.1)に設定することでくっきりします。(板ポリゴンは何種類かあるので
全て修正する必要があります)

基本的にはレンダリングサイズを大きくしてFull Sampleを切ることでかなりくっきり
すると思うのですが、いかがでしょうか?

ご不明の点等ありましたら、またコメントをいただければ幸いです(^^)


Posted by: いしだ | March 16, 2013 at 07:10 PM

お礼が遅くなって申し訳ありません。蜩さんのご指摘どおりに編集したら画質が大変よくなりました。以前、一回だけ見たことのある実際の桜吹雪と同じで、臨場感に圧倒されるようです。大変すばらしいです。Blenderはインターネット上のYOUTUBEなどで紹介されている作品を実際に作成しながら学んでいます。ただ、詳しいことになると、教えていただけるのは、ありがたいことです。今回また一つのことを教わりました。大変わかりやすいご指導をありがとうございました。

Posted by: 北村 | March 28, 2013 at 06:02 PM

>北村さん

返信が遅くなり、申し訳ありません。

コメントありがとうございます(^^)
うまい具合に行ったようで何よりです。

blenderは奥が深いので。何かをしたいときにどれを組み合わせて
どこを調整すればいいかわからないことも多く、自分もまだまだ
不明なパラメータや使ったことのない機能がいっぱいあり、また
それを覚えて使いこなせるようになることが楽しみでもあります。

また何かありましたら、自分が分かる範囲で答えさせていただきます
のでお気軽にどうぞ(^^)

Posted by: いしだ | April 02, 2013 at 01:19 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« カウントダウンクリップを作る | Main | CloudTextureで湧き消える雲 »