« 【Blender】Cast Modifierで手軽に筋肉をつけてみる | Main | Blenderのネットワークレンダリングを試してみた »

December 13, 2011

Blenderギター講座~演奏してるっぽい弦の作り方~

Blenderで演奏しているっぽい感じのギターの弦の作り方を研究してみました。
冒頭の短いデモ演奏動画作るのにまる2日以上かかってしまいました。(^.^;
イントロはパターン化があまりできないので大変(笑

【ニコニコ動画】Blenderギター講座~演奏してるっぽい弦の作り方~


↓ギター演奏部分のみ

|

« 【Blender】Cast Modifierで手軽に筋肉をつけてみる | Main | Blenderのネットワークレンダリングを試してみた »

Comments

こちらでははじめまして

Twitterで制作中の動画を見てから完成をお待ちしていましたが、想像以上の完成度に感動しています!
動画を何回も一時停止しながら見ましたが、そのたびに「なるほど!」を連呼していました(笑
色々と知らなかったこともあったのでとても勉強になります。
特にモディファイアのON・OFFにキーが打てるなんて知りませんでした。
色々なものにキーは打てるんですね。。。
さらにはSoftBody版のおまけまで用意してあるなんてお得感たっぷりでした!
何度も見直して自分でもチャレンジしてみようと思います。

開幕の演奏動画は、初めて見たときに実写と本気で勘違いしました(笑
そして最後の膨大なキーの数を見て驚きました。
つい最近ギターを持つ手のポーズを作るのに結構苦労したので
この開幕の動画を見て、ギターも凄いけど演奏している手もほんと凄いと思いました。
さらっと流れているのですが、とても大変だったのではないでしょうか。。。
とても分かりやすい解説動画の制作お疲れ様でした!

Posted by: もへ | December 14, 2011 at 11:57 PM

>もへ さん

どもです(^^)
なんとかご期待にそえたようでほっとしていますw

Blenderの場合、これはさすがにできんだろうと思って試してみると
すんなりできてしまうことが多くて、本当に多くの人の英知が凝縮
されたソフトだなぁと感心します。

冒頭の動画のキー打ちは仰る通り、左手はソロフレーズだし、
右手はピックでの奏法では無いのでパターン化ができず大変でした(^^;

でもコードを押さえてピックのストロークでリズムを取るといった
アニメーションなら結構簡単にそれっぽくできると思いますので、
練習台としてもあずにゃんは最適かとw

見せるセンスが抜群のもへさんならすぐに使いこなして素晴らしい
動画を見せてくださるのではないかと思います。

何はともあれ年末最大のイベントのコミケ、楽しんできてくださいね(^^)/

Posted by: いしだ | December 15, 2011 at 02:51 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 【Blender】Cast Modifierで手軽に筋肉をつけてみる | Main | Blenderのネットワークレンダリングを試してみた »