« August 2011 | Main | October 2011 »

September 26, 2011

【MEMO】ポリゴンの表裏で別々なテクスチャを貼る

手間がかかるせいか、すぐに忘れるので備忘録:-)

Trump04anime_2

●別々なUVテクスチャを一枚のポリゴンの表裏に貼る手順

1.ポリゴンにマテリアルを付加し、マテリアルノードを作成
 (マテリアルのノードボタンを押すか、マテリアル選択状態でノードエディタ上でマテリアルノードを作成)

2.裏表用のUV用テクスチャを作成(1.のマテリアル内でなくてもよい)

3.ObjectDataのUVTextureに表裏二つ分のUV座標を追加
 1.編集モード→Uで表用のUV座標設定
 2.プロパティのObjectDataボタンを押す
 3.UVTextureパネルの既存の名前(初期値はUVTex)をわかりやすいものに改名
 4.UVTextureパネルの+で追加して裏用のUV座標を設定(1~3を繰り返す)

4.マテリアルノードで下図のように設定(赤枠がポイント)
※テクスチャを使用するマテリアル内に作った場合はTextureボタンを押して該当Textureのチェックをはずす
 (これが生きているとノード側の表裏のテクスチャと複合されてしまう)

Sc01

※参考動画
Tutorial: Double sided material & page flip animation

※UVテクスチャで無い場合はノードももう少し簡単
シェーディングノード(Blender.jp)

●ポリゴンの片面だけをレンダリングする

1.マテリアルを下画像のように設定
 TransparencyをONにしてZ Transparencyを使用、TraceableをOFFにするのがポイント
 難点としてTraceableを切ったことにより、別なObjectのMirror等に反映されない。
 (何か設定方法があるのかな?)

2.マテリアルノードのGeometryのFront/BackをColorRamp>OutPutのAlphaに繋いでColorRampの白黒の左右をスイッチすることで表裏どちらをレンダリングするか決定

Sc02

※参考ページ
Blenderで裏面ポリを描画しない方法(matoさんのぶろぐ)

| | Comments (1)

September 22, 2011

Action Constraintで楽々多足歩行

なんかタイトルがアレですが…(^^;
今回はBlender2.59でAction Constraintの勉強ということで、
ルートボーンを前後に移動することで
自動的に足が動く多足歩行リグを作ってみました。

歩行は楽々でも動画作りは楽々ではなかったですが…w
作成過程は15分超えなので、ニコニコ動画にアップです。

【ニコニコ動画】【Blender】Action Constraintで楽々多足歩行

動画中の、4/6/8本足のサンプルリグは以下にアップしましたのでご自由にお使いください。

spiders.zip for Blender 2.59

↑Blender2.59用モデリングデータファイルです。
リンクをクリックするとダウンロードできます。(225k)

youtubeはファイルサイズの制限は緩いけど時間制限があるので、本編用に作ったデモ動画部分のみアップしました。


今回の動画の8本足の作例を作るにあたり、本物の蜘蛛は苦手だし、
短い毛のファー表現や目の光の点滅もやってみたかったので、
縫いぐるみ感がキュートなウルトラQのタランチュラを題材にしました。

Tara01

ポイントは以下の通り

ParticleHairの設定
・Velocity>EmitterGeometory>Normal は小さく(短く)0.015に
・ChildrenはRender:100でInterpolatedを使用(Interpolatedはこの手の短い毛の場合に最適)
・専用のWeightVertexGroupを追加し、目と口の先(嘴)をWeight0にしてDensityに登録

口の開閉
・口?の開閉はアクション等設定済みのボーンに開閉用の新たなボーンを追加すると形が崩れて手に負えなくなったので、Shape Keyを使用。 ボーンを組み上げた後はShapeが使えるならそっちのほうが無難

Sc01


目のテクスチャ
・目のIco-Sphereの内側にPointLightを設置
・目にMagicをDepth0にしてRampで配合を調整した網状のテクスチャを用い、Translucencyで網目状に光が透過するようにした。透過率はRampのアルファを使用
・Normalにも同じMagicのテクスチャをごく軽く適用し、ハイライトが当たった時に凸凹に見えるようにした

Sc03

目の光の点滅
・片方のPointLightはリンクコピーしたものなので点滅設定等片方を変更すればOK
・目のIco-Sphereの内側に配置したPointLightはChildOfコンストレイントを使用してCoreボーンを親に直接指定
 ChildOfコンストレイントはライト等特殊なオブジェクトもArmatureの中のボーンを簡単に親に指定できたり、位置や回転、スケール等個別に調整できるので非常に便利
・PointLightは目の周りだけを光らせるためにDistanceを調整。
 直下のSphereにチェックを入れると光が届く範囲が表示されるのでこれを目安に使う
・光の点滅は単純にEnergyをCyclesで繰り返し明滅させている

Sc02


| | Comments (0)

September 13, 2011

【BlenderZ】擬似HDRマップ大作戦!

Mz0012a_2

今回は一枚の写真から環境光ライティングのテクスチャ用擬似HDR画像を作成してみました。
あんまり歪みとか細かいことは考慮してません(^^;
(多分後半の4分の1ずらすあたりは歪みが加速する気がします)

【ニコニコ動画】【BlenderZ】擬似HDRマップ大作戦!

【Youtube】【BlenderZ】擬似HDRマップ大作戦!

関連する前回の記事は
【BlenderZ】環境光ライティングでHDRIマップを使う
です
※独学ゆえ、内容に間違いや不足があるかもしれません。ご指摘、アドバイス等ございましたら、コメント欄にいただけると助かります(_ _)

関連リンク

Picturenaut
http://www.hdrlabs.com/picturenaut/
HDR SHOP同様、HDRIを生成できるフリーソフト
パノラマ変換はできないようです。

ケンコー・トキナー ケンコー コンパクトデジタルカメラ用 魚眼コンバージョンレンズ
KDF-025 143249

自前での正式なLight Probe の作り方 
Light Probeの作成

HDR SHOP
www.hdrshop.com
(バージョン1のみ研究用・非商用なら無料。右上メニューのDownload v1にいき、必要事項を記入してダウンロードできる)

HDR SHOP日本語マニュアル
参考:HDRShopの日本語訳


| | Comments (4)

September 05, 2011

【BlenderZ】環境光ライティングでHDRIマップを使う

今回はBlender2.5の内蔵レンダラでHDRIライティングを使ってみました。なんか方向性が妙な方に逝っている気もする...(^^;)

【ニコニコ動画】【BlenderZ】環境光ライティングでHDRIマップを使う

【youtube】【BlenderZ】環境光ライティングでHDRIマップを使う

※独学ゆえ、内容に間違いや不足があるかもしれません。
ご指摘、アドバイス等ございましたら、コメント欄にいただけると助かります(_ _)



El_test01a_3
El_test02_filter4


参考リンク)

自前での正式なLight Probe の作り方 
Light Probeの作成

有名なLight Probeのギャラリー(使用条件は作者に確認?)
Light Probe Image Gallery

非商用ならフリーで使えるLight Probe HDRデータ
http://www.unparent.com/
Bernhard Vogl (各サムネイル右下のlightprobeのほうをダウンロード)

HDRマップ作成ソフト
HDR SHOP
www.hdrshop.com
(バージョン1のみ研究用・非商用なら無料。右上メニューのDownload v1にいき、必要事項を記入してダウンロードできる)

HDR SHOP日本語マニュアル
参考:HDRShopの日本語訳


| | Comments (2)

« August 2011 | Main | October 2011 »