« 【BlenderZ】擬似HDRマップ大作戦! | Main | 【MEMO】ポリゴンの表裏で別々なテクスチャを貼る »

September 22, 2011

Action Constraintで楽々多足歩行

なんかタイトルがアレですが…(^^;
今回はBlender2.59でAction Constraintの勉強ということで、
ルートボーンを前後に移動することで
自動的に足が動く多足歩行リグを作ってみました。

歩行は楽々でも動画作りは楽々ではなかったですが…w
作成過程は15分超えなので、ニコニコ動画にアップです。

【ニコニコ動画】【Blender】Action Constraintで楽々多足歩行

動画中の、4/6/8本足のサンプルリグは以下にアップしましたのでご自由にお使いください。

spiders.zip for Blender 2.59

↑Blender2.59用モデリングデータファイルです。
リンクをクリックするとダウンロードできます。(225k)

youtubeはファイルサイズの制限は緩いけど時間制限があるので、本編用に作ったデモ動画部分のみアップしました。


今回の動画の8本足の作例を作るにあたり、本物の蜘蛛は苦手だし、
短い毛のファー表現や目の光の点滅もやってみたかったので、
縫いぐるみ感がキュートなウルトラQのタランチュラを題材にしました。

Tara01

ポイントは以下の通り

ParticleHairの設定
・Velocity>EmitterGeometory>Normal は小さく(短く)0.015に
・ChildrenはRender:100でInterpolatedを使用(Interpolatedはこの手の短い毛の場合に最適)
・専用のWeightVertexGroupを追加し、目と口の先(嘴)をWeight0にしてDensityに登録

口の開閉
・口?の開閉はアクション等設定済みのボーンに開閉用の新たなボーンを追加すると形が崩れて手に負えなくなったので、Shape Keyを使用。 ボーンを組み上げた後はShapeが使えるならそっちのほうが無難

Sc01


目のテクスチャ
・目のIco-Sphereの内側にPointLightを設置
・目にMagicをDepth0にしてRampで配合を調整した網状のテクスチャを用い、Translucencyで網目状に光が透過するようにした。透過率はRampのアルファを使用
・Normalにも同じMagicのテクスチャをごく軽く適用し、ハイライトが当たった時に凸凹に見えるようにした

Sc03

目の光の点滅
・片方のPointLightはリンクコピーしたものなので点滅設定等片方を変更すればOK
・目のIco-Sphereの内側に配置したPointLightはChildOfコンストレイントを使用してCoreボーンを親に直接指定
 ChildOfコンストレイントはライト等特殊なオブジェクトもArmatureの中のボーンを簡単に親に指定できたり、位置や回転、スケール等個別に調整できるので非常に便利
・PointLightは目の周りだけを光らせるためにDistanceを調整。
 直下のSphereにチェックを入れると光が届く範囲が表示されるのでこれを目安に使う
・光の点滅は単純にEnergyをCyclesで繰り返し明滅させている

Sc02


|

« 【BlenderZ】擬似HDRマップ大作戦! | Main | 【MEMO】ポリゴンの表裏で別々なテクスチャを貼る »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 【BlenderZ】擬似HDRマップ大作戦! | Main | 【MEMO】ポリゴンの表裏で別々なテクスチャを貼る »