« Blenderで小川 | Main | テクスチャ切り替えとアニメ塗り »

July 30, 2011

Blenderで岩魚

Blenderで岩魚をモデリング、B-Boneを使ってリギングしてみました。

Blender's Iwana http://youtu.be/BeY8q42SdT8

今回の動画を作成した際のモデリングデータを以下にアップしました。(2種)

iwana01.zip for Blender 2.58a

↑Blender2.58a用モデリングデータファイルです。
リンクをクリックするとダウンロードできます。(18M)

テクスチャマップは写真を使えば楽だしリアルにもなるのですが、自分で撮影した画像がなく、ネット画像や本のスキャンだと著作権の問題もあるので、仕方なく手描きしました(笑)

当初はあまりアップで使うことを想定していなかったので口の中を作らなかったのですが、最後のテスト動画で目立つので急遽上だけ塞いだため、そのあたりが変です(^^;

とりあえず自分的ポイント。
B-Boneの撓(しな)りはDeform>Curved BonesのEase In,Ease outで調整できる。
Inを最高値2、Outを0にすると一番撓る。

Scr1


さらにB-Boneだけでは尾の動きによる尾ビレの慣性がついた撓りが足りない気がしたので、ClothをかけてPresetからLeatherを適用しました。
ピンニングで必要な部分だけを動かすようにWeight調整。
問題点としては尾ヒレが薄いので、激しく動かすと手前と向こう側が入れ替わって線ができてしまうことで、これは↓の赤線部分のSelf Collisionを有効にすればある程度緩和できます。
(ヒレが薄いのでDistanceを小さくしています)
ただ、これをやるとキャッシュの計算に結構時間がかかるので、特に遠目や水流などを加えてレンダリングするときはSelfCollisionを使わなくても気にならないようです。
(一番いいのはヒレの部分だけ一層のポリゴンにしてしまうことなのでしょう)

Scr2


リグについては↓のコントローラーの移動で動きをつけられるようにしました。
(名前適当すぎ(^^;)
Forwardは上下に移動すると口が開閉し、回転すると体全体が回転します。
体全体の移動、回転はBaseで行います。(Boneのレイヤーの1番にありますが、データを開いて見えない場合はAlt+Hで表示できます)

Scr3

2.5ではさらにSplineBoneというのが組み込まれたようなので、それも魚に使えそうですね。

|

« Blenderで小川 | Main | テクスチャ切り替えとアニメ塗り »

Comments

ダウンロードさせて頂きました。すごいです。で、一つ質問ですが、このイワナに外部ファイルから座標を与えて動かすことはできるのでしょうか(ブレンダー初心者です)。ブレンダーはpythonのスクリプトを受け付けることができるようですが。。。

Posted by: eijwat | August 19, 2011 at 03:53 PM

>eijwat さん

コメントならびにデータをご利用いただき、ありがとうございます。(^^)

もしお尋ねの内容が外部ファイル上でリンクした岩魚を移動させるということでしたら、Make Localを使えば可能みたいです。
(自分はLinkは色々面倒なのでAppendばかり使っていて、Linkはほとんど使ったことがなかったです(^^;)

こちらのページに他の方法も加えて詳しく解説がありました。
http://matosus304.blog106.fc2.com/blog-entry-141.html

ちょっと試してみたところ、外部ファイル上でArmature込みのオブジェクト(岩魚のCubeとArmature)をLinkで読んだだけだと座標は当然動かせませんが、Cube,Armatureを選択してヘッダのObjectからMake Localで適当なものを選択して適用してやると位置を移動できるようになりました。お問い合わせの目的に沿っていると良いのですが・・・。

Posted by: いしだ | August 19, 2011 at 11:06 PM

早速のご回答感謝です。まずはトライしてみます。分からなくなったらまた質問させてください。よろしくお願いします。(やりたいことはリアルのメダカをモーションキャプチャーして、その座標データを使ってバーチャルのメダカを動かすということです。こちらメダカの行動を研究しております)

Posted by: eijwat | August 22, 2011 at 09:43 AM

>eijwat さん

メダカの行動研究ですか、面白そうですね。Blenderならそうした用途にも耐えうるポテンシャルは十分ありそうですね(^^)
残念ながら当方、Pythonは使ったことが無いのでそちらの方面はBlender.jpのPython掲示板等で的確なアドバイスがいただけるかもしれませんね。
http://blender.jp/modules/newbb/viewforum.php?forum=5
もちろん当方のデータに関する事やBlenderの使い方的な事でしたら、ご遠慮なくお尋ねください(^^)

Posted by: いしだ | August 22, 2011 at 05:36 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Blenderで小川 | Main | テクスチャ切り替えとアニメ塗り »