« ディスプレイスメントで噴煙 | Main | Hairで雑草を作る »

June 14, 2011

3D画面上で簡易に操作できるカメラ

3D画面上で簡易にズームやバンク(左右に傾ける)操作ができるカメラを作ってみました。

vsmoke

myCamera.zip for Blender 2.49b/2.57b

↑上掲動画のBlender2.49b/2.57b用モデリングデータファイルです。
  リンクをクリックするとダウンロードできます。

Blender2.49b用と2.57用とカメラのテストデータ(↓の動画)が入っています。

使い方は上掲の動画を見てもらえばわかると思いますが、アイコンのようなオブジェクトの位置を移動させることで手軽にズームやパン、ドリー、バンク等の操作ができます。

Customcamera

CameraTarget(注視点):注視点を移動します。カメラがそれに追随して動きます
Dolly(ドリー):カメラを注視点と同時に移動します
Zoom(ズーム):Y軸方向に動かすと視野角が変化します
Bank(バンク):Z軸方向に動かすと左右にカメラが傾きます
Camera (カメラ):注視点に向いたまま移動
Lights (ライト):フロント、トップ、バックの3つのライトを同時に移動します

通常は目的のアイコンを軽く右ドラッグで動かしてからすぐに右ボタンを離し、そのまま上下左右に適当に移動、カメラ画面を見て丁度よい構図になったら左クリックで決定するというのが使いやすいと思います。
この方法ならモデリング中、一時的に視点を変えて様子を見たいときなどに、右クリックしてもとの視点に戻すこともできますし、2.49bなら決定前にホイールを操作して作業画面のズーミングもできます。
(↓のバンクの件もそうですが、2.57bはカメラや3D画面まわりの操作について微妙に自由度が下がっているなぁ・・・(--;))

注意点として、2.49bと2.57b用のバンクの挙動が違っています。
2.57bではキーを打ち込んで動画にする際、バンクはうまく動きません。

というのも、2.49bにはトラッキング手法にOld Trackというのがあり、これは素直な挙動で、別オブジェクトの位置の変移をドライバにして思ったようにバンクをかけられるのですが、2.57bではこのOld Trackが見当たりません。
代わりにこれに似たDamp Trackというのがあるのですが、これは位置を変えただけで勝手にバンクしてしまうので、静止画やモデリング時には良いのですが、動画にするとカメラの動きが滅茶苦茶になってしまいます。

Track toの場合はウォークスルーなどに使いやすいように、バンクができない仕様になっているようですし、軸を固定するLocked Toも今回のケースでは使えないようです。

2.49bならこのカメラで↓のような動画も簡単にできるのですが、2.57bではかなり難しいので従来通りのフォローパスでやるほうが簡単そうです。

vsmoke
↑cameratest_for_249b.blend

2.5xではなぜOld Trackが無くなってしまったのでしょうか…しくしく(;_;)
ほかにOld Trackを実現する方法があるのかな?
一応、2.57b用のほうは↓の画像のように赤丸部分のTrack Toコンストレイントを有効にする目のボタンをクリックすることでバンクはできませんが、動画でも自然なパンができるようになります。

Scr2

うちでは現在このカメラをユーザープリセットにして使っています:-)

|

« ディスプレイスメントで噴煙 | Main | Hairで雑草を作る »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ディスプレイスメントで噴煙 | Main | Hairで雑草を作る »