« January 2010 | Main | June 2010 »

April 20, 2010

六角大王Super6の動画一時ファイルとか連番変換とか

今カチューシャの動画を作っている最中だが、とりあえずその中で使ったりしている六角大王&Blender関連メモ。

六角大王Sで動画をレンダリング中に、そこまでレンダリングが終わった動画を使いたい時の裏技

通常はレンダリングが終わるまで我慢しなければならないが、六角大王のアプリケーションデータフォルダに今までの画像がpngファイルとして連番で蓄積されているので、そこから必要な部分を別なフォルダにコピーして使うと良い。
(一時停止しても良いし、レンダリング中でもOK)
また、動画レンダリング中にクラッシュしてしまった場合なども、レンダリング済みの画像を救済できる。

予めフォルダの設定でシステム、隠しファイルを表示できるようにしておいて通常は

WindowsXPの場合はc:/Documents and Settings/(ユーザー名)/Local Settings/Temp/ROK*.tmp/
Windows7の場合はc:/ユーザー/(ユーザー名)/AppData/Local/Temp/ROK****.tmp/

にそこまでレンダリングした1000から始まる連番のpng画像がある。
必要な部分を別フォルダにコピーしてBlenderなどで動画化することができる。


ついでに
Blender 2.49bで連番ファイルを無圧縮AVIファイルに変換する方法

Blenderは3Dだけでなく、動画のファイル変換や合成にもとても便利に使える。
(今回のようなファイル変換程度なら他に簡単で便利なソフトも一杯あると思うが、動画を合成する場合などの基本操作として覚えておいて損は無いと思う)


1.コピーした1000.pngから始まる動画を0001.pngから始まる連番に修正しておく。
フリーソフトのファイル名一括変換ツールでは連番が大抵サポートされているので、それを使えば良い。

(2010.4.26追記)
または、ファイル名は修正せずに9.のFrs:の下にあるOffs:(オフセット)を1000にする(こっちのほうが簡単だわ…orz)

2.Blenderを起動し、ヘッダの一番左のボタンでノードエディタ(Node Editor)を選択。(図中1)

3.ヘッダのCompsite Nodesボタン(顔のボタン)をクリック。(図中2)

4.右に現れるUse Nodesボタンをクリック。(図中3)

5.現れたRender Layerノードは使わないので、選択して削除(DelまはたXキー)

6.ヘッダのAdd→Imput→Imageを選択(Addは図中4)

7.ImageノードのLoad Newをクリックして使用するpng連番ファイルの0001.pngを選んで、右上のSELECT IMAGEをクリック

8.0001.pngノードの下のImage Typeボタン(顔のアイコン)をクリックしてSequenceを選択(Image Typeは図中5)

9.2段目のFrs:の数字を総フレーム数(pngのファイル数)に設定(図中6)
(意外に忘れがち。絵が動かない場合はほとんどこれが原因)

10.0001.pngノードとCompositeノードのImageソケットを接続(片方の黄色い丸をもう片方の丸にドラッグ)

11.ヘッダからAdd→Output→Viewerを選択し、現れたViewerノードのImageソケットと0001.pngノードの同ソケットを接続。
メインウインドウを左右二つに割り、右側でUV/Image Editorを選択。(図中7)
上下に三角があるボタンでViewer Nodeを選択すれば大きな画像で出力を確認できる。(図中8)

12.0001.pngノードの右下の自動車アイコンをクリックしてONにしておくとカーソルキーでフレーム変化させるごとにViewer Nodoや0001.pngノード内のサムネール画像も更新されるようになる。(図中9)
左右キーで1フレームごと、上下キーで10フレーム動いているのが確認できればOK。

13.F10を押して(デフォルトでは下段にあるボタンメニューで)出力関連の設定をする。

・左のOutPutタブの一番上で動画を出力するパスを設定(図中10)
・AnimタブのDo CompositeボタンをON(図中11)
・AnimタブのSta:、End:にそれぞれスタートフレーム(通常1)、エンドフレーム(通常総フレーム数)を設定(図中12)
・FormatタブのSizeX、SizeYで縦横の出力サイズを設定(普通は元のファイルのサイズに合わせる)(図中13)
・AVI無圧縮にするためにCropの右にある設定メニューでAVI Rawを選択(図中14)
・その下のFPS:でFPS値(フレーム数/秒)を設定(図中15)

14.AnimタブのANIMボタンを押してAVIファイルをレンダリング。(図中16)
レンダリングが終了したら、同タブのPLAYボタンで再生できる。
出力ファイルは13.で設定した出力パス上にあるので確認。

似たような操作でInputで読み込むImageファイルを動画に、出力ファイルタイプをBMP等に設定すれば動画ファイルを連番ファイルに変換することも可能。
Blender万歳ヽ(^.^)ノ

Scrblender01

| | Comments (0)

April 11, 2010

振り付けである その1

というわけで、リップシンクは終わったので、振り付けの設定を始めたのである。リップシンクに加えて頭や体が動けばそれなりに動きに説得力が出てくると思う。

六角大王の場合は(特にオリジナルの)骨の動きを部分的に流用することができないので、動きの要となる部分を設定して、その他の動きは手動で勘を頼りに何度も動きをチェックして常に全体を修正しなければならないという凶悪な一発芸仕様である。

特に今回のような腰を反復して振るような動作では、例えばマイクを持った手はあまり揺らしたくない場合、前のカットに使った腰振りを設定したデータを流用しようとすると、手を揺らさないように調整する段階で地獄を見る。
結局マイクを持った手の動きからキーフレームに設定し、改めて動きが大きく誤魔化しの効く腰振りを設定しなおしたほうが綺麗に仕上がる。
まったくこの賽の河原で石を積むようなボーンの仕様は何とかしてほしいものである。

とりあえず歌詞の一番まで設定してみたが、実際に動くとやはり楽しいものだ。

それにしても@niftyのビデオ共有で再エンコされるとフレーム落ちでカクカクするわ、同期もはずれて見えるわで質が良くない。再エンコされないフォーマットがあるのかヘルプを読んでも何も書いていない。初心者にはそういう情報は必要ないと思っているんだろうが、不親切すぎ。
悔しいのでダウンロード用動画をここにアップしておく。(Katyusha001.mp4)


| | Comments (0)

April 04, 2010

しばらくぶりに

前回の更新から丸々2ヶ月以上過ぎ、しばらくぶりにブログを書いてみるのである。

久々ということで文体も気分的に以前の「ですます」体から「だ・である」体に変えてみる。
実は前の足キーボードの記事の後、帯状疱疹というのにかかってしまい、背中が痛くて1ヶ月ほどパソコンに30分以上向かえないという日々が続いたのであった。このおかげでしばらくBlenderやブログの更新などできない状況だった。

この帯状疱疹という病気は簡単にいうと大人の水疱瘡のようなもので、表皮にぶつぶつが出来るとそれとわかるものらしい。病院に行って2週間ほどは原因不明で、あまりの痛さにおいらは変な病気でもう死ぬのかとまで思ったが、ぶつぶつが胸のあたりにできてやっと帯状疱疹とわかり、病院でもらった専用の薬を飲むと2,3日で劇的に改善された。

この病気はぶつぶつができるまで内部で神経を痛めまくるので、肩こりのひどいやつが背中に張り付いた感じで、これを放置しておくと神経痛のような後遺症が残る可能性もあるらしいのだが、幸い後遺症は残らなかったようだ。

そんなこんなで、帯状疱疹が治ってからはBlenderの勉強を再開。今は我が心の師、トニー・マレン先生の3Dキャラクタアニメーション BlenderでキャプテンBlenderもどきを作成中、半分ほど(ボーン駆動のシェイプキーで顔の表情を作るあたり)まで進んだ。

題材のキャプテンブレンダーが、こと日本人にとってはかなり好き嫌いが分かれるアメリカンな巨大な割れた顎を持つおっさんというデザインなので、自分も最初このモデルを真似るのに相当気がひけたのだが、まあ書いてある通りにやってみたほうが理解が早いだろうということで、結局キャプテンブレンダーもどきを作りながら勉強している。それにしてもこの本で扱われているリグはパズルのような感じで複雑怪奇な部分もあるが、単純なIKや各種コンストレイントの組み合わせでよくこんなのを考えられるなと感心する。

いずれBlenderでもMAXのCATやキャラスタのような最初から出来上がった(共通化された)リグが使えるようになる気もするが、この本のリグ作りの考えかたや作成方法は(Blenderに限らず)決して無駄にはならないだろう。

しかし、まだまだBlender使いへの道のりは長いので、今はもうひとつ、並行して六角大王Super6で初音ミクのムービーを作り始めた。(可愛いかどうかは知らんけども)せっかく骨組みやモーフィング設定を済ませた自前のミクモデルがあり、他になんちゃってボリュームライトパワーアップ版を使った某イベント風ステージとかを途中まで作っていたので、これらを使って青春の記念に一本、六角大王メインで作ってみようかと思ったのだ。

が、正直Blenderに比べると六角のアニメーションに関する機能はボーンにしろ、キー打ちなどの基本的な操作性にしろ、戻れなかったり苦痛以外の何ものでもない作業もあり、シンプルすぎて涙が出てくることも多いが、とにかく意地でモデリングとレンダリングは六角だけでやろうかと思っている。加えて六角でレンダリングしたムービーをBlenderのコンポジットノードで合成して表現に幅を持たせてみたい。

なお、音楽は以前ミクを使って密かに作ったロシア民謡(正確にはフォークソングらしい)「カチューシャ」。伴奏はMusicStudioProducerを使ってパソコン(Windows)の内蔵音源で作った。Youtube(ニコニコだっけか?)に上がっていたロシアの小さな女の子が二人で歌っている動画をもとにアレンジし、フリーソフトのSoundEngineでエフェクトやコンプレッサーをかけてそこそこ聴ける伴奏になった気がする。

今やっているのはモーフィングを使ったリップシンク。ちょっと不自然だったり、やりすぎなところもあるがまあ、それなりに雰囲気は出ているんじゃないかなと。

動いているのが唇と目と眉だけなので、現実感もノリも無い。なんか昔見た、止め絵にぬるぬる動く実写の唇を合成し、たまに目や眉を動かして表情をつけるちょっと不思議な超リミテッド外国アニメを思いだす(w

| | Comments (0)

« January 2010 | Main | June 2010 »