« 六角大王:手のモーフィング | Main | 機能別六角大王&3dsmax操作法対応表 »

June 17, 2009

六角大王S6からメタセコイアへのデータ受け渡し

最近はメタセコ使ってませんが、一応六角大王Super6からメタセコイアへのデータ受け渡し法メモ。

Sc01

1.サブディビジョン使用前提データの場合、六角大王6で曲面を使用している状態でTABキーを押す。表示が曲面を使わない状態になり、ここでOBJでエクスポートすると、曲面を使用しない状態で書き出すことができる。(Super5では一度必要な立体を全部曲面にしない状態に戻してからエクスポートする必要があった)
2.データ受け渡し用フォルダを作り、そこに六角大王6からOBJでテクスチャ付きで書き出す。
3.メタセコの環境設定→ファイルでマッピング画像フォルダに2のデータ受け渡し用フォルダを指定。
4.メタセコでZ軸反転・マッピングのV方向を反転を指定してインポート(オブジェクトの挿入)。必要に応じて物体設定で曲面化。

Sc02

以前と違って、これだけでテクスチャごと一発でインポートできるようになりました。
Maxへ渡す場合はバグ?もあり、Max側の仕様もあってこう簡単には行かないようですが・・・(´・ω・`)

|

« 六角大王:手のモーフィング | Main | 機能別六角大王&3dsmax操作法対応表 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 六角大王:手のモーフィング | Main | 機能別六角大王&3dsmax操作法対応表 »