« 素性の良い素体作り | Main | 今さらながら初音ミクとかVRMLとか »

December 09, 2008

リトポロジーでコスチューム作成

ZBrush上で衣服を新規に作るにはどうすればいいのか。

ひとつはマスキングからSubToolのExtractを使う方法。これは衣服や靴、手袋などを作るのに非常に簡単で強力な機能だが、ある程度分割された状態でないと正確な形状ができないため、どうしても高分割の状態がSDiv1になり、ポリゴンの量が膨れ上がる。

下着など、体に密着した薄いものの場合はマスキングで体に衣類の形状を描き、反転してDeformationでInflateして膨張してやればそんなに拡大して見ない限り、それなりに見えるし、ポリゴンが増えることもない。レイヤーと組合せればその形状だけに分離することもできそうだ。が、基本的にスカートなど、体から離れた形状はほとんど作れない。

ZProjectBrushやSubToolのProjecAllを使って別なMeshを加工して作る手もありそうだが、これは結構大変そう。

で、今回はとりあえずポリゴンの数もそう増えず、多少手間がかかるが、作業自体は簡単そうな再トポロジー(リトポロジー:以下リトポ)で単純なコスチュームを作ってみた。
使い方を忘れそうなのでメモしておく。(明日の自分は他人の法則)

1.ZSphereを用意。
2.ToolのRiggingSelect Meshを押し、リトポするオブジェクトを選択。
3.ToolのTopologyEdit Topologyをクリック。画面上のZSphereが消える。
4.背景(形状の何もないところ)で一度クリックし、リトポの開始点を消去。
5.Drawモードでリトポする形状の表面でクリック、開始点(赤丸)が表示される。
6.ひたすらリトポするオブジェクトの表面をなぞって四角い格子を作る。順序(方向)が大事なので、最初はできるだけ一筆書きで描き、Ctrlキーを押しながら開始点にしたい既存のポイントをクリックしながら、格子を補完していく。ポイントの削除はAltキーを押しながらクリック。
7.ある程度できたらMoveモードに変更して点を移動し、位置を編集。
8.ToolのAdaptive SkinでDensityをスライドしつつ形状を確認。目的の形状ができたらMake Adaptive Skinでポリメッシュが完成。

以上の手順で作ったメッシュの下の部分をMoveBrushでひきのばし、StandardBrush等で皺をつけてレースクイーン風(orキャンギャル風)コスチュームが完成。ZBrushのロゴを入れてみた。
なお、この状態では片面ポリゴンなので裏側が表示されない。表示させるには対象となるオブジェクトを選び、ToolのDisplay PropertiesDoubleをオンにして両面表示にする。

Retopo01_2

今回もうひとつ試したのは、高分割データがある状態でそのオブジェクトのUVだけを差し替える方法。リファンレンスマニュアルを見て、こんなに簡単にできるのかと・・・w
方法は簡単で、差し替えたいオブジェクトをSDiv1の状態でOBJでエクスポートし、3dsmaxでUVWアンラップでUV作成し、OBJで書き出す。再び、差し替えたいポリメッシュを選んだ状態(SDiv1)でUVを付けたOBJをインポート。
これだけで、SDivを高分割に戻しても新たなUVがついた状態になっている。
UVはマップをテクスチャとしてエクスポートする際にはじめて使用するので、予め色が塗ってあっても問題ない。
この方法で、無事3dsmaxでも色と法線バンプが正しくレンダリングできるZBrushのロゴ付きコスチュームができた。

Shoe


次に、ヒールを作成したが、これは足にヒールに沿ったマスクキングを施してExtractし、加工した。これも本来はリトポしてやったほうが案外形状が作りやすそうだし、3dsmaxに移した時にもメモリが無駄にならないが、今回は面倒なので最適化モディファイアでごまかすことにした。同様に青いチョーカーもこの方法で作成し、3dsmaxにマップも含めて渡してレンダリングした。
肌の部分のマテリアルはSSS FastSkinを使い、マップの色データに近い感じにするためUnscattered diffuse weightを0.83にした。コスチューム、ヒールはフォンシェーディングで鏡面反射ハイライトを強く狭く設定。コスチュームはさらに反射を軽く設定。

Rq01e01ss

ついでに、以前からZBrushからエクスポートした形状は全体的に痩せるような気がして、似たようなアングルにして並べてみたのだが、どうも気のせいみたい。ライティング、シェーディングの違いで細身に見えるのだろう。

Hikaku
↑左がZBrushのPreView、右が3dsmaxでレンダリング

|

« 素性の良い素体作り | Main | 今さらながら初音ミクとかVRMLとか »

Comments

こんにちは。おひさしぶりです。

ZBrushもってないんですけど、良いですかぁ?
Blenderのスカルプトよりサクサクですかぁ?
(;ω;`)8万くらいかぁ・・・欲しいけど厳しい。。。

Posted by: エクレア | December 03, 2011 at 04:34 PM

>エクレア さん

どもです(^^)
ZBrushは最初のバージョンを一回アップデートした程度で使うのやめました…
Blender2.4以上にインターフェイスが独特ですのでw(最近の4なんかは普通になっているのかな?)

もっとも、動画に使うにはリトポするのが面倒なので、ディテールが必要な時はBlender内のスカルプトを
少し使う程度になってますが…(^^;)

プロのワークフローの中ではポジションによって必要とされると思いますが、
個人で使うなら正直(現在も多分無料の)sculptrisのほうが使いやすいですね~w
http://www.pixologic.com/sculptris/
(なんかpixologicに吸収されてからダウンロードの際情報入力が必要になって面倒になったみたいですが…)

ポリゴンの部分細分化なんかも高性能かつわかりやすいですし、Blenderとの相性もいいです。
http://stonefield.cocolog-nifty.com/higurashi/sculptris/index.html

とはいえZbrushも今ではすっかりメジャーなソフトですね。
Zbrush4の体験版(30日間フル機能が無料で使用できる)もあるようですので
自分の用途に合うかどうか試してみるのが一番だと思います(^_^)

http://oakcorp.net/zbrush/zbrush/trial/index.php

Posted by: いしだ | December 03, 2011 at 05:21 PM

sculptrisはかなり前にいじったことあるんですけど、そのときは確かに情報入力いらなかったですよね。
かなり軽かったのは覚えてます。

最近downloadしようとしたら、おっしゃるように面倒なことになってたので、むかついてやめたんです(´▽`;)
Zの体験版も同じですけど、これはもう試すしかないかぁ・・・。試したら結局ほしくなりそう。

いしださんあんまり使ってないんですかぁ~。むんじぇりのもへさんも、必要なかったかも~みたいな感じだし。
でもクオリティにこだわるならZですよね。こだわりたいからなぁ。

Zは一回買えばいまのところずっと無料でアップデートできてるんですよね?
スーパーウルトラ激安キャンペーンでもやってくんないかなぁ・・・。

体験版かぁ。ちょっと検討してみますm(__)mペコリ

Posted by: エクレア | December 03, 2011 at 09:59 PM

>エクレア さん

>最近downloadしようとしたら、おっしゃるように面倒なことになってたので、むかついてやめたんです(´▽`;)

無料のSculptrisにシェアを奪われないように嫌がらせでわざとダウンロードしにくくしているのかもしれませんねヽ(^.^;)ノナイナイ

超個人的な見解ですが、同じ腕ならZbrushでもSculptrisでもできるもののクオリティに差ができるとは考えづらいです(笑)
でもプロになるならZBrushでクオリティの高いものが作れるようになっておいても(メジャー化しているので競争相手も多く、さほどのアピールポイントにはならないにしても)損は無いでしょうね:-)

Posted by: いしだ | December 03, 2011 at 11:16 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84881/43367899

Listed below are links to weblogs that reference リトポロジーでコスチューム作成:

« 素性の良い素体作り | Main | 今さらながら初音ミクとかVRMLとか »