« レンダリングエラーへの対処 | Main | 服飾メーカーで着物を作ってみた »

July 09, 2008

Bipedを使ってみた

Bipedをおゆきさんに仕込み、チュートリアルフォルダにあるモーションキャプチャデータを読み込ませて、Hairと連動させてみた。

Tm080709_2
↑クリックで動画にリンク
しかし、こういうアクションは雪女のおゆきさんというより、シスターユキっぽいw

関節のあたり、肘を多少調整したものの、全体的にもっと不自然に曲がるかと思ったが割と自然な感じだ。
ポリゴンにメッシュスムーズとPhysiqueをかける順番によって、動きの中のボディーラインがかなり違ってくるが、このモデルではPhysiqueを先にかけたほうが概ね自然に見える。

Ss080709

自分としては以下のような課題もあるが、Bipedはなかなか凄い。

・髪がまだ頭や肩にめり込んでいる。肩のあたりは荒いポリゴンのトルソーをリンクし、頭部はBipedの頭部をメッシュ変形して衝突判定に使っているがまだめり込みが目立つフレームがある。衝突判定のやり方がまずいのだろうか。
・肩の衝突判定に荒いポリゴンのトルソを肩のボーンにリンクしているが、リンクではなくBiped自体にPhysiqueしようとすると、途端にmaxが落ちる。やり方がまずいのか、データ的に問題があるのか・・・
・この動画のあとにバルジを色々いじってみたが、いじらないほうが良かった的なことが多く、慣れないと難しそうだ。
・フィギュアモードの切り替えの概念がまだ微妙なところまではわかっておらず、時々修正した頂点や関節が大変なことになったりする。

|

« レンダリングエラーへの対処 | Main | 服飾メーカーで着物を作ってみた »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84881/41782524

Listed below are links to weblogs that reference Bipedを使ってみた:

« レンダリングエラーへの対処 | Main | 服飾メーカーで着物を作ってみた »