« 山田太郎ものがたり&必殺2007 | Main | 注目しているアニメ »

July 09, 2007

パパとムスメの7日間第2話&怪奇大作戦セカンドファイル

 なんだかいきなりドラマブログと化してますが……(笑

 TBS「パパとムスメの7日間」の第2話を見たので感想。
 もう、素晴らしいのひとことですね。キャストもいいけど、第2話を見て思ったのは脚本も演出のテンポも良いこと。
 次の展開はどうなるのかというハラハラドキドキを基本に、笑いとホロリとさせるペーソスの配分が絶妙で、親子だけでなく、周りの社員や同級生とも分かり合っていくといった方向性が良いですね。これこそ家族で安心して見ることができる日曜九時の枠で求められる最善解のひとつなんじゃないでしょうか。流石にちびまる子の件は不自然ですが、台本が上手く転がるドラマは多少の瑕疵もあばたも笑窪になるものです。(^^)

 今回も舘さんの怪演と可愛らしさ全開のガッキーの面白演技に魅せられました。あこがれの先輩のキャラ造形も好感度高し。今期のナンバーワンドラマですね、こりゃ。いや、今回も腹がよじれまくりでした。この調子で最終回まで駆け抜けて欲しいですね。
 今週の最後のほうで西野さんがパパにせまってきてますが、多分、二人が入ったイタリアンレストランに彼女の恋人か知人がいて、その評価をして欲しい……てな展開になるんじゃないかと想像(w
 来週のタイマーもセットしたので準備万端。ヽ(^_^)ノ

 あと、NHKで始まった「怪奇大作戦セカンドファイル」。
 4月にBSでやったものの再放送のようですね。第一話は「ゼウスの銃爪(ひきがね)」。
宇宙戦艦ヤマトの反射衛星砲型電子レンジをハッキングした少女が人体発火させてターゲットの人物を殺す話。
テーマ音楽がオリジナルの怪奇大作戦のものをリニューアルしてますが、良い感じ。
 第一話では何の非もないのに殺された犯罪被害者の人権、加害者に対する過剰なまでの人権保護、少年法の壁といった要素が出てますが、NHKでこれをやるというのはちょっとインパクトありますね。
 ちなみに自分は加害者への過剰な人権保護にはうんざりしますし、少年法は凶悪犯罪には適用すべきでは無いと思います。
 故・岸田森さんがやっていた牧さんを西島秀俊さんが演じていますが、岸田さんほどのインパクトは無いものの、雰囲気的によくはまっていて良い感じ。たしか元祖では勝呂誉が演じていた三沢さんがココリコ田中くんになっていて、イメージは違いますが新たな三沢像があっても良いですね。そつなく演じているようです。ウルトラマンマックスの青山くんも出ています。
 また、SRIの的矢さんを岸部一徳さんが演じていることで、ドラマがぐっと締まったものになっていますね。近年の刑事ドラマの中では脚本がピカ一の「相棒」シリーズの小野田官房長が当たり役の岸部さん。得体の知れない奇妙な信頼感が置ける人物として、怪奇大作戦でもいい味を出しているようです。刑事役だが実はメトロン星人(嘘)の寺田農さんも渋い。
 SRIの車にあのマツダのAZ-1が使われているのもある意味マニアック。運転するには危険な車ですがいまだに人気が高い軽ですね。
 ストーリーや科学考証は強引ですが元祖自体がそうなので、問題なし。一話目はなかなか面白かったので、次週からも期待。

 今クールはこの2本のドラマは自分的には必見ですね。v(^^)
 あ、あと銭形海も(笑
 (最近税金や物価が上がって、銭が高いに聞こえてしまう今日この頃(^^;)

|

« 山田太郎ものがたり&必殺2007 | Main | 注目しているアニメ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84881/15700271

Listed below are links to weblogs that reference パパとムスメの7日間第2話&怪奇大作戦セカンドファイル:

» 怪奇大作戦 az [怪奇大作戦復活ブログ]
怪奇大作戦についてもっと探す ⇒怪奇大作戦 パパとムスメの7日間第2話&怪奇大作戦セカンドファイル得体の知れない奇妙な信頼感が置ける人物として、怪奇大作戦でもいい味を出しているようです。刑事役だが実はメトロン星人(嘘)の寺田農さんも渋い。 SRIの車にあのマ..... [Read More]

Tracked on August 24, 2007 at 01:23 AM

« 山田太郎ものがたり&必殺2007 | Main | 注目しているアニメ »