« いやー、ケータイ刑事って本当にいいもんですね | Main | パパとムスメの7日間第2話&怪奇大作戦セカンドファイル »

July 08, 2007

山田太郎ものがたり&必殺2007

ついでに山田太郎ものがたりと必殺2007も見たので感想。

 山田太郎ものがたりは人気のコミック原作だそうで、そこそこ面白かったんですが、キャスティングや父母の設定のせいか、貧乏一家のリアリティが乏しく、暇つぶしに見て面白いけど何も残らないドラマという感じでしょうか。まあ、コメディだし漫画ですからあれこれ注文するのも無粋というもんでしょう。
 キャストで見るタイプのドラマだと思うので、好きなタレントさんが出ていればドラマ自体はきちんと作ってあるので面白いんじゃないでしょうか。絵空ごとの子供を使った泣かせはあざとさのほうが目立ちますが、あの五女は可愛かったですね。
 お話的にもキャストにしても次週もまた見たいという惹きが全く無いので、私としては大変良い最終回でしたヽ(^_^)ノ

 必殺仕事人2007は松岡くんの毒攻撃が面白かったですね。最初のほうで天井から一滴落として殺すのは江戸川乱歩の屋根裏の散歩者がネタもとでしょうか。画竜点睛の台詞はやや余計な気がしましたけど。ケータイ刑事のウラリより即効性で効き目も強烈。毒というよりは濃硫酸みたいなもんでしょうか。
 仕事のシーンで三味線屋の勇次のシリーズ主題歌、思い出の糸車が掛かったりと、なかなか個人的に燃えました。仕事人の中ではやはり勇次が最強に格好よい気がしますが。
 仕事人といえば照明なんで、もっと青い色をつけた上で陰影を強調したほうが良かった気が。
 必殺は仕事を手際よく、途切れなく済ませるのが魅力かと思うので、そういう意味では最後のクライマックスがいくつかに分散されたのは盛り下がって残念。必殺のテーマとともに華麗に一気にカタをつけて欲しかったところです。
 なんと言っても菅井きんさんの元気な姿は良かった。久々に復活のスペシャルものとしてはよくまとまっていたんじゃないでしょうか。

|

« いやー、ケータイ刑事って本当にいいもんですね | Main | パパとムスメの7日間第2話&怪奇大作戦セカンドファイル »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84881/15695007

Listed below are links to weblogs that reference 山田太郎ものがたり&必殺2007:

» ケータイ刑事 銭形シリーズ [ケータイ刑事 銭形シリーズ]
2002年から放映されている「鐔刻衆鐓�鐔卸沙㯃廚料ⅲ船轡蝓璽困砲弔い [Read More]

Tracked on July 12, 2007 at 01:30 PM

» 山田太郎ものがたり 漫画 [漫画ナビ]
「山田太郎ものがたり」は、「月刊あすか」に連載された 森永あいのギャグ漫画、単行本は全14巻 番外編1巻(山田一家ものがたりゴージャス [Read More]

Tracked on August 04, 2007 at 12:10 AM

« いやー、ケータイ刑事って本当にいいもんですね | Main | パパとムスメの7日間第2話&怪奇大作戦セカンドファイル »