« June 2007 | Main | August 2007 »

July 09, 2007

注目しているアニメ

 歳のせいか、最近はほとんどアニメを見なくなっていますが、今見ているのは「クレイモア」、「ゲゲゲの鬼太郎」の二本。ちょっと前に終わった「デスノート」も途中からでしたがかなり面白かったですね。

 「クレイモア」はクレイモア(でっかい剣の意)と俗に呼ばれる謎の組織に属する半人半妖の美少女剣士軍団が妖魔と戦いつつ、自らの組織の陰謀を暴くといったような感じの話でしょうか。
 とにかく脚本がしっかりしていて、毎回、燃える(断じて萌えるでは無い(笑))展開に胸躍ります。結構共感の湧くキャラが死んだりするので、できればあまり悲惨な結末にはならないといいかなと。
 腕や首が切り落とされて飛んだりするような残酷描写もあるので深夜枠のオンエアは仕方のないところでしょうか。ヒロイックファンタジーとして良く出来ているだけに視聴層が限られてしまうのはちょっと残念。
絵(動画)のクオリティも高く、しかも毎回安定していて、毎週火曜深夜が楽しみです。(そのあと続けてスーパーナチュラルもあるし)

 「ゲゲゲの鬼太郎」はまあ、昔から好きなので見ているわけですが、今回は話も(主要キャラを除く)キャラの絵柄もほとんど水木ワールドからかけ離れたオリジナルであることがちょっと不満。人物や妖怪も水木タッチがほとんどありません。
絵のクオリティも異様に低い回が散見(牛鬼の回など。蜘蛛のような歩きがまともに描けていない)され、そんな回は録画したのも速攻で消したりします。(w
まあ、時々話が良い回もある(対妖怪戦ではなく、人間が絡んでくる話のほうが面白い)ので見続けてはいます。
 ただ、猫娘だけは歴代鬼太郎アニメの中でナンバーワン。非常に可愛らしくて良いですヽ(^_^)ノ

 そして7月13日から始まるフジテレビ深夜のノイタミナ「モノノ怪」が楽しみです。
これは以前、ノイタミナ枠でOAされた「怪~ayakashi~」3部作の最後の化け猫の話で登場した薬売りの退魔師を主役にした話ですが、この「化猫」は日本人のアニメ好きなら絶対に見て損は無いくらいの素晴らしい出来でした。
 とにかくビジュアルが秀逸。和風の色彩、浮世絵に和紙のテクスチャをかけたような絵柄はもう芸術の域なんじゃないでしょうか。ジャパニメーションのひとつの到達点がここにあるといった感じ。絵柄に負けず劣らず話、演出、音楽、主題歌(作詞作曲:松任谷由美、歌:元ちとせ)も素晴らしいので、死ぬ前に一度は見ておかないと後悔する級のオススメ作品です。(ちと古いですが、哀しみのベラドンナを思い出してしまいました)
 その化猫のスタッフがまた制作するシリーズものということなので、非常に楽しみです。(残念ながら音楽はオープニング、エンディングとも変わっているようですが、どんな感じになるのかな)

 「デスノート」も非常に面白く、声のキャスティングも見事で、多少画のクオリティが落ちる回があったものの、よく出来ていましたね。後を受けて始まった宇宙バスケは……うーん、初回見ましたが、いい最終回かな(笑
 どうせなら心理劇つながりでライアーゲームあたりをアニメ化したほうがよかったかも(w


 

| | Comments (0) | TrackBack (2)

パパとムスメの7日間第2話&怪奇大作戦セカンドファイル

 なんだかいきなりドラマブログと化してますが……(笑

 TBS「パパとムスメの7日間」の第2話を見たので感想。
 もう、素晴らしいのひとことですね。キャストもいいけど、第2話を見て思ったのは脚本も演出のテンポも良いこと。
 次の展開はどうなるのかというハラハラドキドキを基本に、笑いとホロリとさせるペーソスの配分が絶妙で、親子だけでなく、周りの社員や同級生とも分かり合っていくといった方向性が良いですね。これこそ家族で安心して見ることができる日曜九時の枠で求められる最善解のひとつなんじゃないでしょうか。流石にちびまる子の件は不自然ですが、台本が上手く転がるドラマは多少の瑕疵もあばたも笑窪になるものです。(^^)

 今回も舘さんの怪演と可愛らしさ全開のガッキーの面白演技に魅せられました。あこがれの先輩のキャラ造形も好感度高し。今期のナンバーワンドラマですね、こりゃ。いや、今回も腹がよじれまくりでした。この調子で最終回まで駆け抜けて欲しいですね。
 今週の最後のほうで西野さんがパパにせまってきてますが、多分、二人が入ったイタリアンレストランに彼女の恋人か知人がいて、その評価をして欲しい……てな展開になるんじゃないかと想像(w
 来週のタイマーもセットしたので準備万端。ヽ(^_^)ノ

 あと、NHKで始まった「怪奇大作戦セカンドファイル」。
 4月にBSでやったものの再放送のようですね。第一話は「ゼウスの銃爪(ひきがね)」。
宇宙戦艦ヤマトの反射衛星砲型電子レンジをハッキングした少女が人体発火させてターゲットの人物を殺す話。
テーマ音楽がオリジナルの怪奇大作戦のものをリニューアルしてますが、良い感じ。
 第一話では何の非もないのに殺された犯罪被害者の人権、加害者に対する過剰なまでの人権保護、少年法の壁といった要素が出てますが、NHKでこれをやるというのはちょっとインパクトありますね。
 ちなみに自分は加害者への過剰な人権保護にはうんざりしますし、少年法は凶悪犯罪には適用すべきでは無いと思います。
 故・岸田森さんがやっていた牧さんを西島秀俊さんが演じていますが、岸田さんほどのインパクトは無いものの、雰囲気的によくはまっていて良い感じ。たしか元祖では勝呂誉が演じていた三沢さんがココリコ田中くんになっていて、イメージは違いますが新たな三沢像があっても良いですね。そつなく演じているようです。ウルトラマンマックスの青山くんも出ています。
 また、SRIの的矢さんを岸部一徳さんが演じていることで、ドラマがぐっと締まったものになっていますね。近年の刑事ドラマの中では脚本がピカ一の「相棒」シリーズの小野田官房長が当たり役の岸部さん。得体の知れない奇妙な信頼感が置ける人物として、怪奇大作戦でもいい味を出しているようです。刑事役だが実はメトロン星人(嘘)の寺田農さんも渋い。
 SRIの車にあのマツダのAZ-1が使われているのもある意味マニアック。運転するには危険な車ですがいまだに人気が高い軽ですね。
 ストーリーや科学考証は強引ですが元祖自体がそうなので、問題なし。一話目はなかなか面白かったので、次週からも期待。

 今クールはこの2本のドラマは自分的には必見ですね。v(^^)
 あ、あと銭形海も(笑
 (最近税金や物価が上がって、銭が高いに聞こえてしまう今日この頃(^^;)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

July 08, 2007

山田太郎ものがたり&必殺2007

ついでに山田太郎ものがたりと必殺2007も見たので感想。

 山田太郎ものがたりは人気のコミック原作だそうで、そこそこ面白かったんですが、キャスティングや父母の設定のせいか、貧乏一家のリアリティが乏しく、暇つぶしに見て面白いけど何も残らないドラマという感じでしょうか。まあ、コメディだし漫画ですからあれこれ注文するのも無粋というもんでしょう。
 キャストで見るタイプのドラマだと思うので、好きなタレントさんが出ていればドラマ自体はきちんと作ってあるので面白いんじゃないでしょうか。絵空ごとの子供を使った泣かせはあざとさのほうが目立ちますが、あの五女は可愛かったですね。
 お話的にもキャストにしても次週もまた見たいという惹きが全く無いので、私としては大変良い最終回でしたヽ(^_^)ノ

 必殺仕事人2007は松岡くんの毒攻撃が面白かったですね。最初のほうで天井から一滴落として殺すのは江戸川乱歩の屋根裏の散歩者がネタもとでしょうか。画竜点睛の台詞はやや余計な気がしましたけど。ケータイ刑事のウラリより即効性で効き目も強烈。毒というよりは濃硫酸みたいなもんでしょうか。
 仕事のシーンで三味線屋の勇次のシリーズ主題歌、思い出の糸車が掛かったりと、なかなか個人的に燃えました。仕事人の中ではやはり勇次が最強に格好よい気がしますが。
 仕事人といえば照明なんで、もっと青い色をつけた上で陰影を強調したほうが良かった気が。
 必殺は仕事を手際よく、途切れなく済ませるのが魅力かと思うので、そういう意味では最後のクライマックスがいくつかに分散されたのは盛り下がって残念。必殺のテーマとともに華麗に一気にカタをつけて欲しかったところです。
 なんと言っても菅井きんさんの元気な姿は良かった。久々に復活のスペシャルものとしてはよくまとまっていたんじゃないでしょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

いやー、ケータイ刑事って本当にいいもんですね

 てなわけで、久々に始まったケータイ刑事シリーズの最新作、ケータイ刑事銭形海第1話を見たわけですが、これはもう非常に良かったです。ヽ(^.^)ノ

 主演の大政絢さんは普段のシャープな顔つきから破顔したときの笑顔が実に良いですね。
 演技、滑舌、発声はまだまだこれからという感じですが、零の時のように、やっていくうちに上手くなっていくのを見るのもまた楽しみです。陰ながら応援してますので、がんばってくださいヽ(^.^)ノ

 ケータイ刑事の初回はこの人無しでは始まらない宝積クイーンのパーフェクト!も出ましたしヽ(゜▽゜)ノ
 相変わらずお綺麗なんで、クイーン刑事vsケータイ刑事なんてーのもちょっと見たい感じ。

 特に新鮮に感じたのは監督が平成ウルトラマンの劇場版やTVシリーズをよく手がけている映画監督の小中和哉氏であったこと。ワンカットワンカットが映画的で余韻がありました。ケータイシリーズは多くの映画監督、TVディレクターが自由なテイストで制作しているのがいい所ですね。結果、色々な味わいの話が楽しめる事になり、それがここまで続いてきた秘密なんじゃなかろうかと。

 初回は話も演出も零の後半や雷あたりで顕著だったよくも悪くもマンネリなコメディタッチが抑えられ、ある種の緊張感があり、ケータイ刑事シリーズ初期のテイストを感じられたのが良かったですね。小中さんはチーフ監督らしいので、従来とはまた違った味わいのシリーズになりそうなのも楽しみです。

 今回は高村(草刈)さんもあまりギャグ方面に壊れていないのも良かった。
 大政さんとの相性、結構いいんじゃないでしょうか。草刈さんの場合、相手が演技が達者な場合よりも、先輩としてのフォローが必要な場合のほうが締まった演技に見えるのは気のせいでしょうか(^_^;
(多分、相手が芝居が出来ると、自分は遊ぶほうに専念するのかもしれず(w それはそれで面白いのですが)
 しかし高村刑事、4ヶ月も漂流して生きているとは凄すぎると思ったら、プロフィールのモットーが不老不死だそうで、納得(笑

 あとノリノリの主題歌が非常にいいです。配信売りでもシングルCDでもいいからきちんと作品化して欲しいなぁ。
泪や舞の頃のよく聞き取れない英語がないのもカラオケで歌えそうで良いですね(笑
聴き間違っているかもしれないけど、歌詞はこんな感じでしょうか。


ズバーンズバーン
誰も知らない
ザブーンザブーン
伝説の刑事 銭形海

黒い瞳は正義の証
鋭い推理で犯人逮捕

寄せる漣 掻き分けて
逃げる犯人 逃がさない
正義の輪っぱ 受けてみな

~Na~
銭形海、17才
警視総監を祖父に持ち、現役女子高生にして刑事
事件が起きればいかなる時でも現場に走り
人並みはずれた推理で謎を解く
しかし、彼女が刑事であることは誰も知らない

ズバーンズバーン
海に生まれた
ザブーンザブーン
マーメイド刑事 銭形海

ズ(ザ?)バーンズバーン
誰も知らない
ザブーンザブーン
伝説の刑事 銭形海


 映像から音声拾ってしばらくループで聴きそう。

 真っ赤な碇がでかいのも○です。
 網使いの泪と一緒に漁に出られそうです。(^^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 06, 2007

前クールのドラマ

 昨日は「山おんな壁おんな」を見たんですが、丸越デパートというと、どうしても「ハレンチ学園」の丸越先生のフンドシを思い出します(笑)
 原作も読んだ事ありませんが、そこそこ面白かったのでとりあえず来週も見ようかなという感じかな。終始挨拶代わりの胸ネタという感じだったので、見続けるかどうかはこの先の展開次第かなぁと。
 ドラマは原作ものでも予備知識なく見るほうが面白かったりするので、原作もあんまり番組のHPも次回のあらすじ紹介等は見ません。百貨店の舞台裏にはちょっと興味がありますね。

 ついでなんで、前クールのドラマの反省会を少々ヽ(^.^;)ノ
 前クールは初回から最後まで見たのが「生徒諸君!」「帰ってきた時効警察」
 途中から最後まで見たのが「ライアーゲーム」
 初回と後半数話を見たのが「わたしたちの教科書」
 初回から3話見てリタイアしたのが「特急田中3号」
 初回20分ほど見てリタイアした「プロポーズ大作戦」

 「生徒諸君!」は視聴率的にかなり厳しかったようで、その理由も大体わかりますが、内山理名さんが良かったですね。BS-iの怪談新耳袋あたりでちらっと見た程度だったんですが、かなり無理を強いられる役柄にも関わらず、元気に演じられていたのが好印象。今、ああいうキャラを演じさせたらピカ一なんじゃないでしょうか。個人的には好きなパターンのドラマなので、とても穴の多い脚本や演出にも関わらず、結構涙腺が決壊しましたが(笑
 このドラマ中、一番の大穴だと思ったのが、生徒たちと内山さん演じる「尚子(ナッキー)」が本格的に分かり合うきっかけとなる修学旅行の話。修学旅行に生徒たちを連れて行くために、旅行代理店の前に座り込むというのがどう考えても意味不明。
 頼み込む筋が違うでしょうし、代理店の光石さんにはそれこそ迷惑なだけでしょう(笑
 今時の学校ではおよそ考えられそうにない浮きまくった尚子の明るさぶりも、構成上必要なこととは言え、もう少し現実感があるよう、抑える演出をしたほうが良かったんじゃないでしょうか。このあたりがシリアス路線のコミックをドラマ化する難しさなのかもしれません。小林稔侍さん演じる校長も改心前と後のギャップがありすぎ(というか、いきなりコロっと変わる印象)で、改心前にもうちょい深みのある台詞や演出などで昔はこんな人では無かったという伏線を張ると良かったかもです。
 演出、カメラワーク、照明などもちょっと普通というか、物足りない感じ。いいドラマは1カット見ただけでなんとなくそのドラマの空気とか緊張感が感じられることが多いんですよね。
 最後のあたりの東ちづるさんは恐ろしくて良かったですね。さすがです。
 個人的には好きなドラマでした。

 「帰ってきた時効警察」は1話目は面白かったんですが、2話、3話と続くにつれ、ちょっと期待はずれというか、がっかりした面が強くなって行きました。一番がっかり感が強かったのがあのキュートな三日月くんが変な人になり、どんどん壊れ具合が酷くなって行ったこと。前作ではあの奇人変人の中で一人だけまともで純真という部分が魅力だと思っていただけに、まわり以上に変な人になってはいかんだろうと(笑
 十文字くんもビニールのトレンチコートはやり過ぎ。あまりにも笑わせようとするのが透けて見えるのがかえってひきます。前作の登場人物は、現実にいるちょっと変わった人たちを大幅にデフォルメした感じで、それぞれ変人ながらもどこか現実感があるのが笑いに繋がっていたのですが、「帰ってきた」は終始絵空事の駒のようなキャラに感じてしまったわけです。前作の霧山くんも終始優しさを感じるキャラだったのが、今作では優しさが無く、逆にキツさが目立つ感じだったし。
 まあ、それでもそこそこ楽しめたし、笑えた(犬山さんの回とか)ので良かったんですが、やはり前作のほうが自分としては数段好きかなと。
 前作の森口瑤子さんの回もかなり好きなんですが、それもまだ十文字くんが現実ベースのキャラだったからなんだろうなぁ。

ライアーゲーム」はリストラゲームあたりから見始めたんですが、戸田恵梨香さん可愛いですね(w
 役柄的には、まあそういう人はいないというか、視聴者から反感すら買ってしまう聖人というところですが、ネタドラマなんで仕方ないでしょう。保険会社の防火キャンペーンの彼女が微笑んだポスターが近所のスーパーに貼ってあって、レジ袋に買ったものを入れる時、いつも可愛いなぁと思って見ています(笑
 松田翔太くんもなかなか存在感があって良かったですね。最終回の3時間スペシャルは初回から見ていた人には不評だったようですが、途中から見た自分にはありがたかったわけですが。
 まあ、心理ドラマという点ではデス・ノートのほうがよく出来てますが、戸田さんや松田くん、そしてキノコのフクナガさんの魅力で結構楽しませていただきました。

 「わたしたちの教科書」は、初回を見て新米教師の伊藤くんが中心でまわるドラマかな程度で、その後しばらく見なかったんですが、裁判が始まったあたりからまた見出しました。8話から11話(最終回の一話前)あたりが盛り上がって面白かったかなと。
 最終回は校長の息子(ウルトラマンメビウス)の行動の動機が作り物っぽい点や最後の結末がよくわからん。志田未来ちゃん演じる明日香の死の理由が明かされたのは良かったんですが、ああ、そうだったのかという感じ以上のものが無かったかなとも。まあ校長の息子のエピソードあたりからちょっとスッキリ感が足りないような気はしました。(なぜか最後の印象が肩透かしを食ったような印象で軽い)
 いじめがテーマのドラマはよほど作りが上手くないと終始重くなるので、見ているほうも疲れるんですよねぇ。それだけにスッキリ感は重要かと。

 「特急田中3号」はひたすら美しい栗山千明さんを見るために初回からチェックしたわけですが……栗山さんの面白茨城弁だけを頼りに3話まで我慢して見たわけですが、回を追うごとに田中聖くん演じる田中くんの、共感とは正反対の殺意さえ抱くようなウザさに我慢ができず、あえなく3話でリタイア。録画していたものもさくっと削除とあいなりましたヽ(;_;)ノ

 あ、あと「プロポーズ大作戦」も1話を見始めて20分くらいのところで、ドラマがさっぱり動かず、テンポの良くなさに早くもリタイア。その後も2,3話はチラ見したり、ドラマ系のブログやあらすじ読んで内容は把握したものの、全く興味が湧かず、縁が無かったといった感じでした。
 個人的に最大のネックはタイトル。プロポーズ大作戦と言えばどう考えてもやすきよでしょう(笑


てな感じの前クールでありました。さて今クールのドラマは最後まで面白く見られるものがあるでしょうか。


 

| | Comments (0) | TrackBack (4)

July 05, 2007

7月のドラマ

 割とドラマ好きの私は7月スタートのドラマをとりあえずいくつか見るわけですが……

 ちょっとびっくりしたのがフジテレビの火曜九時の「花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス」。堀北真希さん主演の学園ドラマですが、校舎として使っているのが近所でよく散歩の途中に写真を撮りに行ったりもするシャトーカミヤ(牛久シャトー)だということ。冒頭からいきなり出てきたんで、おおとか声出してしまいましたよ(笑

 牛久シャトーは昔ワインを醸造していた工場ですが、なるほど外観は伝統のある洋風の校舎に見えなくもない。第一話ではかなりの部分、敷地内でロケしてますね。
なんかこう、画面に知っている場所が次々出てきて、裏にある施設を寮にしたり、ワイン売り場をカモフラージュして購買部に見せていたりと中々面白いですな。

 ドラマは原作がコミックらしいですが、まあ面白いかなといったところでしょうか。松田聖子が苦手なんで、校長役はできれば秋吉久美子とか小泉今日子とか酒井法子あたりにやってほしかったなぁ・・・(^^:
とりあえずシャトーの建物と堀北真希ちゃん目当てで当分見ることになるでしょう(笑

 傑作だったのはTBSの日曜劇場「パパとムスメの7日間」。
 ネタとしてあまりに使い古された人格交換もので、主演のガッキー(新垣結衣)目当てで、とりあえず一話だけでも見ておくかと、全く期待しないで見たんですが、意外や意外、これはかなり面白かったですね。
 とにかく娘の人格に入れ替わった舘ひろしの怪演が凄すぎ(笑
 人格が入れ替わってからはもう勘弁してくれというくらい腹がよじれまくりでした。
 ガッキー可愛いし、舘さんはそれに負けず劣らず可愛いし(笑
 これはもうキャスティングの勝利でしょう。
 全7回だそうですが、無駄に長すぎないほうが、こういうネタにはよさそうな予感。はるか17のように、途中から失速しないよう、願うのみであります。

 あとは7日にケータイ刑事銭形海が始まりますね。とりあえず裏で一部重なる必殺2007と2台のHDDレコーダーで両方予約。
 6代目ケータイ刑事海役の大政絢さんもなかなかシャープな顔立ちと笑顔のアンバランスさが良い感じ。
「私の碇で沈みなさい」(かな?)という決め台詞と主題歌の三味線を交えた乗ってけサーフィン調の曲が耳に残るのもいいですな。ストーリーは相変わらず肯定的なマンネリ路線でしょうから、その土台に彼女がどのくらい新風を吹き込めるかが楽しみですね。

 必殺2007は菅井きんさんが元気なだけでとにかく嬉しい。(笑


↓てなわけで牛久シャトー。JR常磐線、上野から1時間の牛久駅から徒歩で数分です。
Imgp3366a
PENTAX *istD + SIGMA 12-24mm/F4.5-5.6DG

| | Comments (0) | TrackBack (2)

« June 2007 | Main | August 2007 »