« GR-D降臨2 | Main | GR-D降臨3 »

February 18, 2007

裏メニュー

Imgp9476
PENTAX K100D + TAMRON AF28-300 F/3.5-6.3 ASPHERICAL XR 〔IF〕 Macro

価格コムでペンタックスのデジタル一眼(K10D、K100D、DS、DS2、DL)で裏メニューを出してその中の一つにAFの微調整を行う項目が発見された事が話題になってましたね。
※価格.コムのクチコミ掲示板で「K10D フォーカス調整方法」で検索をかけると該当トピが出てきます。

自分は特にAFでは困っていないのでふーんてな感じで読んでいるだけで試していませんが、当然こういうのは自己責任で行うもので、これが原因でカメラが故障したりAFがもとに戻らなくなったからといって文句が言える筋合いのものではありません。

敢えて隠してあるからにはPENTAXとしてはあんまり喜ばしい状況ではないんでしょうが、サービスセンターに持ち込まないでAFの微調整ができるというあまりにも美味しいネタにユーザーが飛びつくのは無理からぬことでしょう。裏メニューの中にはレンズのロムの内容を読んだり、セーブできたりするような機能もあるそうで、そんなのを一般ユーザーに使われたら特許、権利といった問題にまで影響があるのかもしれません。今のところはユーザー側も節度を持った裏技の使い方をしていると信じたいですが、世の中いろんな人がいるので堂々とサービスセンターの人に裏メニューの使い方を聞いたり、中には買った商品の中にある以上、説明書に解説が無いのはおかしい、サポートしないのは不届きなどと真顔で言う剛の者もいそうでちょっと怖い(笑

昔どこかで書いたかもしれないけど、AFの微調整などは正規のメニューに入れて、個人でレンズごとに調整できるようにしておいて欲しい機能だと思っています。AFがきちんと思ったところに合ってくれるのはAFを使って写真を撮る上では最も重要な事であり、これが十分に出来てない状況がある以上、微調整は必要であり、少なくともスポーツモードやら夜景モードやらのつまらんお飾りをつけるよりよっぽどユーザーにアピールできる機能だと思うんですけど・・・。


|

« GR-D降臨2 | Main | GR-D降臨3 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84881/13962131

Listed below are links to weblogs that reference 裏メニュー:

« GR-D降臨2 | Main | GR-D降臨3 »