« 顔のモデリング4 | Main | 顔のモデリング6 »

January 13, 2007

顔のモデリング5

Imgp8816
K100D + SMC FA☆85mm F1.4 IF

 形状を3DsMAXに持っていったのですが、どうも口元あたりの形状が気になって、再度メタセコイアで顎を後ろに下げ、口の位置や鼻の形を修正。うーん、顔は一日たつと以前は良いと思っていたのが全然違って見えたりするので難しいですね。修正しはじめるとキリがなくなります。とりあえず、こんな感じで行ってみようかと・・・・明日が怖い(笑

 それにしてもメタセコイアでのモデリングに慣れてしまったせいか、MAX上で形状を修正する気にならないのが困り者です。操作方法はかなり似ているんですが、やはりレスポンスの違いが大きいですね。もちろん、モデリングに特化しているから仕方がないと思いますがメタセコイアは軽快です。エディタとワープロの違いのようなものですね。

K14
rendering:Metasequoia ver2.4.0

|

« 顔のモデリング4 | Main | 顔のモデリング6 »

Comments

こんばんは。
こういう微調整って、周りの人からは「これでいいんじゃないの?」と言われてもついついやり続けてしまいます^^;
髪をつけた状態も早く見てみたいですが、自分だと髪をつけた途端に「あっれぇ~?」と変な感じに思えてまた微調整・・・なんてことになりかねません

Posted by: 九尾 | January 14, 2007 at 05:00 AM

>九尾さん

コメントありがとうございます。
いや、まったくその通りで、散々修正しまくった挙句、結局修正する前のほうが良かったということで、以前のバージョンに戻って作り直す事もよくあります。顔は少しポイントをいじるだけで随分印象が変わるので、その傾向が非常に強いですね。いつまでやっていても仕方ないので、途中で諦めるように次の段階へ進むほうが良い場合も多いです(^^;

Posted by: いしだ | January 14, 2007 at 08:11 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84881/13479752

Listed below are links to weblogs that reference 顔のモデリング5:

« 顔のモデリング4 | Main | 顔のモデリング6 »