« 顔のモデリング7 | Main | 胴体のモデリング2 »

January 17, 2007

胴体のモデリング1

Body05b
rendering:Metasequoia ver2.4.0

 16日はココログのメンテナンスだったので、一日置いての更新。
顔もひと段落したので、再びメタセコイアに戻り、胴体のモデリングに取り掛かりました。

Body02
rendering:Metasequoia ver2.4.0

 頭と同様、ポリゴン系モデリングの参考書によくあるようにあらためてボックスから作っても良いのですが、あとで首のポイントを合わせて接合するのを考えると面倒なので、顔の首のポイントをそのまま伸ばして必要な箇所をナイフでカット、押し出しで腕や足を伸ばしながら少ないポイントで全体のバランスをとってみました。ポリゴンのモデリングはこの辺り、慣れると非常に楽で良いですね。ベジェやスプラインで作るより簡単です。

Sshot_1

 今回は身長を7.5頭身にするので、頭頂から顎までの長さと同じボックスを8段積み重ねて横に置き、ワイヤーフレームで確認しつつ作業をすることに。頭部をつけたままマッピング付きのプレビューをしながらでもさくさくとストレスなくモデリングできるメタセコイアの有り難味を改めて実感します。

Imgp4187
PENTAX K100D + DA18-55mm AL F3.5-5.6

|

« 顔のモデリング7 | Main | 胴体のモデリング2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84881/13542793

Listed below are links to weblogs that reference 胴体のモデリング1:

« 顔のモデリング7 | Main | 胴体のモデリング2 »