« 手のモデリング1 | Main | 胴体のモデリング3 »

January 20, 2007

手のモデリング2

Hand19b02
rendering:Metasequoia ver2.4.0

 引き続き手のモデリングを続行中。爪を別オブジェクトで作成し、マッピングしてみました。
爪の作成は最初どうしようかと考えましたが、爪がある部分の面を押し出しでマイナスに引っ込め、さらにプラスで押し出し、これで出来た面を別オブジェクトに複製して爪を作成。爪と指の位置関係の調整が難しいので、一旦指と爪を一体化し、指の第一関節から先を複製して他の指の第一関節辺りのポイントと接合。親指は接合前に横に広く拡大して合体。まだ細部の形に不満はありますが、写真ベースのマッピングを施すと結構リアルになります。

Handmap01_e

 作成したマップは上のような感じ。右は爪のマップ。左の手のマップは写真で生かせるところは生かし、余白は肌色にノイズをかけ拡大し、軽くぼかした画像を色を馴染ませて合成。

Sshot0120

 ところで、メタセコイアで(UVを使わない)平面等の投影マッピングをすると、パース画面では正常に反映されるのですが、レンダリングはUVマップでないと正常に反映されないようです。(UVに変換されてしまいます)
どこかやりかた間違っているのかなぁ・・・。まあ、どうせマップはMAX8で貼りなおしますし、手もUVマップを使うので問題は無いのですが。

Imgp8468
K100D + SMC FA☆85mm F1.4 IF


|

« 手のモデリング1 | Main | 胴体のモデリング3 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84881/13592627

Listed below are links to weblogs that reference 手のモデリング2:

« 手のモデリング1 | Main | 胴体のモデリング3 »