« E-300+FA77mm | Main | 強風 »

December 29, 2006

E-300+FA77mm(2)

昨日に引き続きE-300とFA77mmの組み合わせで。

Pc274317
OLYMPUS E-300 + SMC FA 77mm Limited F1.8

絞っても柔らかなトーンが良い感じです。


Pc274285
OLYMPUS E-300 + SMC FA 77mm Limited F1.8

開ければ綺麗なボケのおかげでピントが来たところにはよりシャープさが浮き立つように思います。


Pc274241
OLYMPUS E-300 + SMC FA 77mm Limited F1.8

絞り4くらいだとシャープさと自然なボケが渾然となって何気なく撮ったものでも、画像を見るとおや?と思うようなものが撮れる気がします。

E-300、久しぶりに使いましたが、写りの素性はなかなか良いですね。^^
ただ気まぐれなAWBがなぁ・・・(笑
太陽光固定でも全体にややマゼンタが被っている感じですが、まあE-300の独特な持ち味ということで色味は修正しませんでした。

|

« E-300+FA77mm | Main | 強風 »

Comments

モニター画面ではハッキリしないのかもしれないけれど、デジカメはカメラごとに「絵作り」が違ふので個性的らしいのですが、可也シビアなんですかねえ。銀塩ならフィルムの前に平等だったんですが。ま、「利便性」には適はないのでどんどんデジタルの方向に行ってしまふ。どうもフィルムカメラのやうに「物神」が宿ってゐないのですね。
ライカM8はと思ってライカジャパンに行って試用して来ましたが、やっぱりフィーリングが今一だったなあ。あんな物に約55万円もとても投資できない。3年で陳腐化してしまふやうですなあ。仰る如くフルサイズのM9まで待ってゐても遅くはないかと思ひます。

FA77ミリはどのボディに装着しても一向に問題、破綻を来たすことはないやうですが、E-300のやうな狭いファインダーで良くピントが合ひますね。

Posted by: くりちゃんまん | December 29, 2006 at 07:20 PM

>くりちゃんまん さん

 コメント、ありがとうございます。
 E-300は確かに個性的な絵作りをしている機種で、晴天の青空を撮ると濃厚なコダックブルーっぽくなるのが結構好きです。通常のものを撮ると赤っぽくなる傾向がありますが、嫌な時は後で修正が効く範囲のもので、通常は個性尊重の方向で使いたいですね。

 オートホワイトバランスはかなりのじゃじゃ馬ですが、これもマニュアルで指定するかRAWで撮るか、簡単な逃げ道もありますので、不満というより、もうちょっと当たってくれたら楽だなぁくらいの軽い要望といった程度ですね。総じて値段がデジ一としては恐ろしく安いのにフランジバックが短いため、マウントアダプターで多くのメーカーのレンズが使え、特にEOSのように改造せずにペンタックスKのレンズが使えるのが良いです。シャッター音もなかなか歯切れの良い音を出しますし。

 フォーサーズ機は焦点距離も35ミリ換算2倍になってしまいますが、これも露出倍数補正の要らない、画質の劣化が無い2倍のテレコンをつけていると思えば十分なメリットになりますし、このあたりは考え方次第かと思います。もともとペンタックスの長い玉をより長く使いたいということでE-300を買ったのですが・・・。(^^)ゞ

 フォーカシングについては、意外と小さなファインダーでも長く使っているといつの間にか慣らされているのかもしれませんね。特にE-300のファインダーはニコンのD70よりピントの山が掴み易いようです。

M8はやっぱり内容に比べて高すぎますよね。お金がうなるほどあれば勿論買いますが・・・(笑)

Posted by: いしだ | December 29, 2006 at 08:35 PM

早速のレスありがたうございます。E-300でもマニュアルでピントが出せるとは大したもんですなあ。小生は老眼と乱視のお陰でピントが中々出ません。ツアイスZFレンズプラナー85ミリF1.4を先に購入し、そのあとでニコンF6を購入するつもりでカメラ屋に行ったのですが、とてもとても操作が複雑怪奇でマニュアルなしでは使ひこなせないなあと思ってやめて、中古でF3Pを購入しましたが、11年までしかメンテが持たないと聞いてちょっと不満でした。2001年に製造中止したので10年間は部品を保存しておくといふのは通産省の行政指導に忠実に従ってゐるわけで、致し方の無い所ですね。その購入したF3Pは一応報道用の特需品なので全マットのファインダースクリーンが装着してゐました。これでピントが出るか挑戦です。

E-300はペンFのコンセプトが遺伝したんでせうね。フォーサイズのフォーマットは撮像素子の製造の容易な(?)のかもしれません。他のメーカーではいくつ追随してくれるのかが問題ですけれども。ペンFの頃はフィルムの性能が悪くて折角のカメラシステムも台無しでOMを出すまでは相当苦労したのかもしれません。今度こそといふ感じですね。「個性的」といふのもオリンパスのDNA。大いに結構。シグマのSD-9(?)とか14(未発売)なんかも撮像素子がユニークで好感が持てます。

ライカM8は「初期不良」のちょんぼはあるし前途多難です。MPは現行品のなかではやっとまともな感じになったんですが、結局M3に先祖返りしたみたいです。ここまでなら許せるかなといふ感じ。「あの内容であの値段」とは至言です。M8を購入した人のブログを見てゐますが、余程経済力があるのでせう。撮った写真はテスト撮影マニア並かな。

Posted by: くりちゃんまん | December 29, 2006 at 11:36 PM

>くりちゃんまん さん

 M8ですが、よく言われるように、もし現在のスペックに加えて将来フルサイズや高画素化の後継機が出た時に、それと同等に改造するような約束・保証があれば良かったですね。

 ライカの責任者がインタビューで、今のスペックで過去のライカ同様ずっと使い続けられるのだから、M8についてはステップアップするようなサービスは無いと断言しておりましたので、だとすれば今のスペックであの値段はやはり高いかな~と感じます。

 とりあえずM8で頑張って、行く行くは流石はライカが作ったデジタルカメラだと評価を得られるような製品が出ると良いですね。まあ、いずれにしろライカの新品は銀塩にしろ、デジタルにしろ、私のような一般庶民がおいそれと手を出せる価格帯には成りえないので、どうでも良いといえばどうでも良いのですが・・・(笑)

Posted by: いしだ | December 30, 2006 at 01:15 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84881/13241705

Listed below are links to weblogs that reference E-300+FA77mm(2):

« E-300+FA77mm | Main | 強風 »