« その名はDB-1 | Main | DB-1の電子ファインダーシステム »

December 09, 2006

APS-Cでフルサイズの画角を楽しむ

Ef_adpt01b

 今日は昨日にひき続きDB-1のマウントアダプタについてです。

 まず、DB-1では基本的に撮像素子はAPS-Cサイズのものを使用し、現実的にお求め安い価格を目指しています(笑
 このシステムでは必ずマウントアダプターをかませるのですから、間に補正レンズを入れて、もともと35mmフィルム(フルサイズ)のイメージサークルをAPS-Cのイメージサークルに縮小すれば、APS-C以前のフルサイズのレンズもその画角がそのまま楽しめるのではないかと思うのです。(上の画像の左のマウントアダプターがそれです。)
 補正レンズを通すことによりもとのレンズの光学性能が落ちるのをどの程度押さえ、いかにメリットの比重を高くするのかが設計上のポイントでしょう。

 現在のデジタル一眼レフにはフルサイズのイメージサークルに合わせて大きな撮像素子を用意するという方向性しか存在しないのですが、この方法を使えば安価にフルサイズレンズに対応でき、しかも大型撮像素子ほど不利になる周辺のテレセントリック性の問題も補正レンズで解決してしまえそうな気がします。素人考えだと虫眼鏡の原理を考えれば、広い範囲を狭くするのですから、テレコンバーターとは逆に光量が落ちるといったことも少ないと思うのですがどうなんでしょうか。

 加えて補正レンズを間にはさむということは、フランジバックの調整も同時に行えるので、コンセプトカメラのDB-1のみならず、現在APS-Cサイズとして販売されているカメラにもテレコンバーター(テレコン)ならぬ、フルサイズコンバーター(フルコン、ケンコー製ならフルプラス?)が開発されても良さそうなものですが・・・やはり光学特性が変わってしまい、作っても売れないと踏んでいるのか、技術的な問題があるのかわかりませんが、こんなのが出れば欲しいなぁと思うのですけど。難しいことはわかりませんが、もし技術的にできるのなら、レンズメーカーさん、ご検討のほどよろしくお願いします。(笑)

 同様に、上記のようなjことができるなら、DB-1でもライカマウントのルサール20mmやジュピター12等奥にひっこんだ、対称形レンズでは撮像面との間にフルサイズ用補正レンズを挟むのは難しそうですので、敢えてアダプターの鏡胴を長くとってフランジバック調整も併用する方法がとれそうです。

 DB-1では折角フランジバックの問題を補正レンズなしでクリアしているのですから、当然素通しのAPS-Cサイズ用マウントアダプターも用意します。(上の画像左)
 結局フルサイズレンズで使えば光学性能を落とさないテレコンバーターということになりますね。

 フォーサーズレンズについてはもとからテレセントリック性が考慮されているのですから、この素通しマウントアダプターのみ用意し、撮像素子側でクロップ(トリミング)で対応するというのも良さそうです。

 さて、次回はDB-1のもう一つの重要なコンセプト、EVFファインダーについてお送りする予定です。(_ _)


ご注意)
ここに書かれている内容やカ掲載画像はすべてフィクションです。
マウントの形状や寸法など、実測せず、かなりいい加減に作っています。
また、今後出てくる内容は所詮素人の思いつきなので、現物と違うやんとか、理論的に無理だとか、専門的な突っ込みを入れる事はご遠慮ください。これはSFではなく、ファンタジーなのです。ヽ(^.^;)ノ

|

« その名はDB-1 | Main | DB-1の電子ファインダーシステム »

Comments

こんにちは。
やっぱり、レンズをかませたのは
フルサイズ対応とテレセンのためとの思惑だったのですね。^^
あやうく、
またフライングコメントをつけるところでした。^^;;

EVF解説も期待してます。
薄型ボディに基盤の配置が困難かな?
映像素子からの情報になるので
シャッタータイムラグとかもありそうです。。。
コレもフライングでしょうか^^

Posted by: NOBU | December 09, 2006 at 11:28 AM

>NOBUさん

コメント、ありがとうございます^^

うーむ、これもわかられていましたか。(笑
 そう言えばOMシリーズはシステムカメラのひとつの理想形なので、お互い欲しいカメラの志向性が似ているのかもしれませんね。(^^)

Posted by: いしだ | December 10, 2006 at 02:08 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84881/12988695

Listed below are links to weblogs that reference APS-Cでフルサイズの画角を楽しむ:

« その名はDB-1 | Main | DB-1の電子ファインダーシステム »