« デジタル一眼の未来 | Main | 夕景 II »

December 18, 2006

77リミの味わい

 昨日は遅く起きてしまったので夕暮れ近くから散歩に出かけました。すぐに暗くなるのでK100DにPENTAXの77mmリミテッドレンズを付けて出ました。

Imgp6782a
PENTAX K100D + SMC FA 77mm Limited F1.8

大きな庭のある家の鉄柵の隙間から小さな葉が顔を出していたので開放~F3.5あたりで撮影。

Imgp6808
PENTAX K100D + SMC FA 77mm Limited F1.8

77リミにこういうものを撮らせると、豊かなトーンと滑らかなボケ味に感心します。

Imgp6844
PENTAX K100D + SMC FA 77mm Limited F1.8

 かなり日も落ちてきて薄暗い中でしたのでISO800で10分の1秒~20分の1秒という条件。もちろん手持ち撮影で35mm換算で100ミリを超えるレンズですが、ほとんどぶれていませんでした。暗いので開放付近でのピントあわせが大変ではありますが、それでもK100Dと明るいレンズの組み合わせは本当に強力です。

|

« デジタル一眼の未来 | Main | 夕景 II »

Comments

こんにちは。
DB-1が完成に近づいてますか?

内蔵ストロボのバウンス機能は良いですね。
潜望鏡スタイルがお茶目です。^^

光学ファインダーの自動パララックス補正もいい!

ストロボ、ファインダー、バッテリーグリップ。
次は何でしょう。


F1.8ってデジタルをはじめてから
とても明るい数字に感じてしまいます。


そうそう、直リンの件、ご快諾ありがとうございます。m(__)m
年内にポスターやDMを完成させてPRする予定です。

Posted by: NOBU | December 18, 2006 at 11:20 AM

77ミリF1.8の登場ですか。K100Dだと100.1ミリ相当ですね。切り取るには良い画角ですね。ほんとにこれは「スーパーレンズ」だ。ピントの合った所は当然シャープ。ボケ味が素晴らしいですね。かう言っては失礼だけれど、どんな下手な絵でもレンズがカバーしてくれる感じですね。中々これほどの立体感の出るレンズは余りないのではないかと思ひます。前ボケは気にしたことはないけれども問題ないと思ひます。
レンズの発色も癖や嫌味が無いし。

ある知り合ひはねえちゃん撮るなら最高なんて言ってゐました!?

Posted by: くりちゃんまん | December 18, 2006 at 04:59 PM

>NOBU さん

コメント、ありがとうございます。

 DB-1もあらかたやりたい事はやったので、あとは背面デザインくらいでしょうか。背面のインターフェイスについては最近のデジ一やM8で完成されている感もあるので、気が向いたら作るかもしれません(^^;

 確かにF1.8というと銀塩時代は廉価版標準レンズの明るさですよね(笑
 ズーム全盛時代になって、標準ズームでもF2.8通しだと、明るい高級レンズという雰囲気になっていますね。

個展、がんばってください(^^)/

Posted by: いしだ | December 18, 2006 at 07:26 PM

>くりちゃんまん さん

コメント、ありがとうございます。

 77mmリミテッドの描写は本当に味があるものですね。^^
さらにそのコンパクトさにも驚かされます。PENTAXのレンズリストから消えてしまったようですがFA☆85ミリF1.4も非常にボケが美しく、ピントに切れのあるレンズですが、あの大きさだと、さすがに散歩に持っていくには覚悟が要ります(笑)
その点、77㎜なら気楽に持って歩けます。

 フィルムでもそのままポートレート向きの焦点距離ですが、APS-Cではさらに丁度良い(PENTAX公称換算値で)118mm相当の中望遠レンズになるので、どちらで使ってもお姉ちゃん撮りには最強の一本になるかもしれませんね(^^)

Posted by: いしだ | December 18, 2006 at 07:39 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84881/13106174

Listed below are links to weblogs that reference 77リミの味わい:

« デジタル一眼の未来 | Main | 夕景 II »