« 28mmという画角 | Main | デジカメの寿命 »

November 23, 2006

SMC TAKUMAR 28mm/F3.5

 最近特にお気に入りの一本ということでとりあえずまとめておこうかと(笑
Googleで調べてみると、このレンズの前身のSuper TAKUMAR 28mm/F3.5は銘玉として名高いそうですね。SMC化してさらに逆光にも強くなったという感じでしょうか。

Wadachi
PENTAX SP + SMC TAKUMAR 28mm/F3.5 + FUJIFILM SUPERIA Venus 400

 上の轍の写真はスキャン時コントラストを控えめにしました。もちろんネガによる部分が大きいのですが、レンズ自身も階調が豊富な描写をする印象があります。細部は結構シャープなので、絵がぼんやりとするような事が無いのがいいと思いました。最近、歳を取ったせいか、柔らかいものも好きです(笑

 発色も良いレンズだと思います。スキャンをしていても、もとのレンズの色抜けが良いとスキャンも楽ですし、結果も綺麗です。デジカメ風にコントラストを上げても良し、古典絵画調に柔らかい仕上げも良しといった感じです。

T28_f8f35
PENTAX SP + SMC TAKUMAR 28mm/F3.5 + (左)FUJIFILM SUPERIA Venus 400 (右)SUPERIA 100

(左)コントラストを上げ、色をビビッドに。もとの階調が豊富なので色飽和や白トビしにくいのも良いです。
(右)最短撮影距離40cm、絞り開放(F3.5)で撮影。明るいレンズではありませんが、バックのボケも広角としては悪くないかもです。この写真、じっと見ているとなんかとぐろを巻いて鎌首を持ち上げたカラフルな蛇に見えてくるような…(^^;


Gyakkou
PENTAX SP + SMC TAKUMAR 28mm/F3.5 + FUJIFILM SUPERIA Venus 400

 逆光もSMC(スーパーマルチコーティング)の効果が出ているようです。上の写真に限れば弱いフレアが太陽から離れるに従い消えて行き、うまい具合に空気感を感じる気がします。銀塩はこういう柔らかい表現がし易いですね。
 このレンズ用の角型フードは迫力があって恰好良いようですが、自分は入手していません。私の場合、散歩で持ち歩く際コンパクトなほうが良いのでフードをあまり使いません。広角系の場合はフレア、ゴーストが酷い時は片手でハレ切りできることも多いですし。

 最初このレンズを見かけた時はまあ、M42用の28mmが無かったので買っておこうかくらいの気持ちだったのですが、買って良かったこの一本です。ヽ(^.^)ノ

|

« 28mmという画角 | Main | デジカメの寿命 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84881/12795651

Listed below are links to weblogs that reference SMC TAKUMAR 28mm/F3.5:

« 28mmという画角 | Main | デジカメの寿命 »