« FedoraCore5は仕事に使えるか | Main | K100D 手ブレ補正(SR)の威力 »

October 09, 2006

衝動的にPENTAX K100Dを買う

 ん~、IKKOH氏のブログの*istDsの綺麗な写真見ておいらもペンタの派手モード欲しいとコメント書いたのが運の尽き。買ってしまいましたPENTAX K100D……
最近暗いところでパソコンを撮影する機会が多い(笑)のもあって、手ブレ補正がついたK100Dはしばらく前から気にはなってたんですが、1万円キャッシュバックキャンペーンが15日で終わるので、しかも外見ると秋晴れの真っ青な空じゃないですか。これはもう買うしかないと(^^;

01

 他のメーカーのも使ったけど、やっぱりPENTAXが好きなんだなぁ、自分は。(笑
この性能のカメラがキットレンズ付きでキャッシュバック入れると6万円台で買えるのはありがたいです。
 本当はキットレンズなしだともっと安く買えたんですが、単体の在庫が無いので取り寄せになり、折角の秋晴れがすぐに撮れないので、キットレンズごと購入。(嘘か本当か、K100Dは品薄状態だと店員が言ってましたが)
まあ、なんとかっていうフォーカスが合焦した後に手動で修正が効くレンズが欲しかったこともあったんで問題ないんですが。結構写りもいいレンズみたいですね、これ。特に発色。

 早速単三のエネループ4本入れて散歩に出かけ久々に写真撮りました。いや、やはり単三電池で動くカメラは良いですね。充電しなくてすぐに使えるんだから。K10Dが専用充電電池になったのは非常に残念です。
で、全部AFまかせ、ピクチャーモードまかせのJPEGで撮りましたが、偏光フィルターつけなくてもいい青が出ますね~(笑
もともとPENTAXの色作りは好みだったんですが、IKKOH氏も言うように、ピクチャーモードまかせでくっきりした色が出ることが多く、いい感じです。

 ノーファインダーで適当に撮る面白さも存分に味わえます。以下の鬼灯までの4枚は全部ノーファインダーです。まあ、光に恵まれていて広角ですからそう難しい条件ではないですが、色も露出もいい感じ。今回の写真は下の怪獣の写真をフォトショップで明るさ調整した以外は縮小とアンシャープマスクと文字入れ以外、一切触ってませんし、ノートリです。

02
▲K100Dを臍のあたりで構えて自分の影をノーファインダー撮影

03
▲地面すれすれからAFでノーファインダー

04
▲ちょっと離れたところから手を伸ばして下からノーファインダー

05
▲やっぱり下からノーファインダー。一発でピントがちゃんときています

06
▲青空が綺麗です。バラつきもなし♪

07
▲オレンジ系も綺麗です。まあ、現実より派手ですがD70のように不自然に浮いた感じも無く、バランスの取れた発色です

08
▲偏光フィルター要らず♪

09
▲一応手ブレ補正のテストも。
上の怪獣は8分の1秒ですが、広角ということもあるでしょうが、楽々クリア。4分の1秒でもかなりの歩留まりを示すようです。
もちろん望遠のほうがその威力を実感できるのでしょうが……

10
▲ちなみに等倍でトリミング。レンズ開放値で8分の1秒でこれだけ写れば自分的にはOKです♪

あと、高感度もかなり良くなってますね。下の写真はISO1600ですが、かなりノイズが押さえられていました。3200ではさすがにざらざらしてますが、それでも*istDの800~1600くらいの感じ。*istDでISO1600で出ていた縞々ノイズは全く出てません。いやいや、よく頑張ってますね、PENTAX。

11

結局JPEG撮って出しがほとんどな私にはとても気の合うカメラのようです。買ってよかったかもヽ(^∀^)ノ
キャッシュバックキャンペーンの封筒PDFダウンロードして応募しないと・・・ちなみに10月15日までに購入すればよく、応募の締め切りは10月31日までのようですね。

|

« FedoraCore5は仕事に使えるか | Main | K100D 手ブレ補正(SR)の威力 »

Comments

いい色がでてますね!
キットのレンズは安い割には良く写るんだよね。ただワイド端の開放はちょっときびしいけど。ちなみに50-200mmも安いけどこれまた良く写ります。

Posted by: いっこー | October 09, 2006 at 12:21 PM

>いっこー君

うん、色、凄く気に入りましたよ。しかし、さっきちょっと試したんだけど、300mmのレンズで10分の1秒くらいまで手持ちで行けるのにはびっくりしたですよ。補正凄すぎ。

 ISO1600くらいまでは実用範囲だと思うし、こうなるとコンサートやライブハウスでの撮影とか体育館内での競技とかでも手持ちで余裕で長めの玉も使えそうだね(笑

Posted by: いしだ | October 10, 2006 at 12:09 AM

曇ったり薄暗いところだと微妙にイマイチな時もあるけど、それでもノーマルで撮ってうすらぼけた色を後で直すよりはるかにいいよね。
しかし、この手ブレ補正はすごいね。
キ○ノンやニ○コンみたいに高いレンズ買わなくて,ボディがこの値段は素晴らし過ぎ。
ただね、ちょっとタイムラグがきびしくない?
ぶらぶら撮ってるときはいいんだけど、動いてるもの、例えば鉄道とかクルマとか、動いてる人はいつもちょっと遅れちゃうんだよね。

Posted by: いっこー | October 10, 2006 at 02:13 AM

 タイムラグってAFに関係なくシャッターボタン押してからシャッターが切れるまでの時間かな?だとするとまだどの位遅れるのかはMFで動きもの撮ってテストしてみないとわからないかな~。飛んでいる鳥ならいざ知らず、電車や車程度の速さならMFなら問題無いとは思うけど、シビアなタイミングを求められたら遅いのかな。
 自らを振り返れば最近はThinkpadばっかり撮っていてあんまり動き物撮ってないなぁ。昔みたいにプロゴルファーのスイング撮ってたりしたら、はっきりと実感するんだろうけど(笑


Posted by: いしだ | October 10, 2006 at 03:27 AM

最近、歳のせいか長くファインダーのぞいてると、目が疲れ切っちゃってマニュアルでのピント合わせがもう全然だめなのよ(泣)

Posted by: いっこー | October 11, 2006 at 02:27 AM

>いっこー君
PENTAXのAFが伝統的に遅いのは内緒だ(笑)

Posted by: いしだ | October 11, 2006 at 02:33 AM

ちょっと、カメレスです。
ご購入おめでとうございます。
久しぶりの写真関係の記事と思えばサプライズでした。^^
PENTAXは元気がいいですね。K100D,K10Dと。
手振れ補正が実にうらやましいです。
未体験機能ですから。^^;

Posted by: NOBU | October 11, 2006 at 11:24 AM

>NOBUさん

すいません、我慢できずに買ってしまいました(笑
 フォーサーズでの手ブレ補正は松下のDMC-L1でレンズ側補正で出しましたが、ボディ側にダストリダクションと共に焦点距離マニュアル設定可の仕様で乗せてくるとOM-ZUIKOや他マウントのレンズも使えていいですよね~。

 ちなみにDMC-L1、実物見ましたが、かなりモノとしての存在感、高級感がある仕上がりになっていましたね。しかし値段が値段ですからね……。

 いずれにしても長い玉ほど有利なフォーサーズにはレンズ側にしろ、ボディ側にしろ手ブレ補正が乗ると、より魅力的なものになるでしょうね。オリンパスだけでなく、松下の手ブレ補正の実績にも期待が持てそうですし。

Posted by: いしだ | October 12, 2006 at 12:25 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84881/12206587

Listed below are links to weblogs that reference 衝動的にPENTAX K100Dを買う:

« FedoraCore5は仕事に使えるか | Main | K100D 手ブレ補正(SR)の威力 »