« 解答です(^^; | Main | さよならノートン »

July 20, 2006

FMR-CARD

Fmrcard


 以前も書いたのですが、いつでもどこでもテキストが打てる電池で動くパソコンやワープロが欲しくなり、色々入手しました。こういう時にヤフオクは頼りになります。
 で、まず第一弾はFMR-CARD。これは単三電池2本で8時間以上動作するというMS-DOS機で、1991年発売というから、もう15年も前のパソコンです。当時は20万以上だったんですが、これ、私新品で買ったことあるんですよね。で、その時はCで簡単なプログラムを組んで遊んでいたりしたんですが、その後売ってしまいました。

 電池で動くテキスト打ちマシンが欲しくなったついでに、この機種も再び欲しくなってヤフオクを張っていたんですが、さすがになかなか出てきませんでした。最近やっと出品され、即攻でゲット。このパソコン、とても15年前のものとは思えないほどの軽さ、薄さで、エンジニアプラスチック製のボディは意外に堅牢、単三2本で8時間動くのは今のモバイルパソコンを凌ぐ能力です。テキスト打つのに綺麗な液晶は必要ありませんし、昼間とかなら反射型液晶のほうが見やすいのです。大きさはA4サイズなのでB5ノートなどに慣れた身には少々大きいですが、逆に990gなので、同じくらいの重さのB5ノートより軽く感じます。

 仕様などはこちらの方のページを見ていただくとして、問題は現代のパソコンと、どうデータをやりとりするかです。この機種はICメモリカードスロットを2つ持っていて、他のデータをやり取りする方法として後付モデム、フロッピーディスクドライブなどが用意されていますが、やはりデータをやり取りするのならPCカードスロット経由でコンパクトフラッシュやSDカードが理想です。ところが残念なことに、この機種の仕様がICメモリカード(正確にはSRAMカード)の規格で、JEIDA 4.0に準拠、今のSDカードやCFカードはJEIDA 4.2以降、つまりFMR-CARDはPCスロットは持っているものの、SDカードやCFが使えないわけです。この機種で使えるのが下の写真にある、SRAMカード(128と書いてあるほう)で、カード側にリチウム電池(電池は現在も入手可)を入れてデータを保持するタイプです。オークションの出品者さんがこの128Kバイト(メガバイトではない(笑))と1M(メガバイト)のSRAMカードを付けてくれていました。
電池は切れていたので、それぞれ新しいものに変えたのですが、これが今のXPマシンのカードスロットで読み込めるかどうかは分かりませんし、壊れたりしたら不安ですので刺すのを躊躇してました。

Fmrcard2

で、とりあえずネットで情報を探すと、こちらの方の記事があり、どうもXPで読み込めそうだということで、意を決し、手持ちのWindowsXPマシン、Let'sNote CF-R1のカードスロットにFMR-CARDで作成したサンプルファイルを入れたSRAMカードを差し込んでみたのでした。で、結論としては案ずるより生むが易し。XPが勝手に汎用PCMCIAメモリカードドライバをインストールしてSRAMカードの内容を問題なく読みこむことができました。もちろん、書き込みもできます。
(多分、XPのSP1だと汎用メモリカードドライバを手動で組み込むことになるのでしょうが、CF-R1はSP2にアップデートしていたので、自動でセットされたのでしょう。)
注意点としてはXP側でカードのフォーマットしてはいけないということでしょうか。まあ、128KBや1MBくらいの小容量カードだと勝手にFAT16になるかもしれませんが、やはりFMR-CARD側でフォーマットするのが確実です。XPも手動でFATの指定ができるとありがたいんですが、残念ながらそういうオプションは無いようですね。大抵の場合XPでフォーマットしたカードはMS-DOS、FAT16のみ対応の昔のPCやワープロでは読み書きできなくなります。

これでFMR-CARDとXPマシン間で簡単にデータのやりとりができるようになり、十分現役で使えることを確認できました。

 一つ問題は解決したので、次はFMR-CARDでテキストを打つエディタまたはワープロをどうするかです。一応FMRで動くエディタとしてはVZエディタも可能なのですが、これはバージョン1.57へ、フリーソフトのパッチを当てる必要があり、最近再販を開始したバージョンが1.6ですから、ちょっと使えるかどうかわからないし、そもそも値段も高いです。

 そこで、とりあえずオークションの出品者さんが付けてくれたアシストパックのワープロ(アシストレター)を試してみました。が、これはファイルサイズが大きなものは最後まで読み込めません。自分が求めている能力としては400字詰め原稿用紙で300~400枚くらいなので、150枚程度のテキストも編集できない時点で、アシストワードは没です。そのうち紹介しようかと思っているNECのワープロ専用機文豪ARDATAなどのような、グラフや罫線などを排した長文モードのようなオプションも見当たらないのと、ワープロソフトですからエディタに比べて反応が遅く、キーバインドも使いづらいので、使用をあきらめました。

 次に試したのが、フリーソフトのエディタNEED。色々な機種用が出ているのですが、大変コンパクトでよく出来たエディタです。ただ、残念ながら64Kまでのファイルしか編集できないので、これも本格的にテキスト入力に運用するのは力不足です。ただ、その軽快な動作と柔軟なキーカスタマイズ能力は素晴らしく、大きな文書は複数のファイルに分けて打ち込むというのも有りだとは思います。

 で、もう一つ出品者さんがつけてくれた、MS-WORKS(ROM版)のワープロを使ってみました。先に使ったアシストパックよりさらに統合型のソフトで、なんとなく動作は重そうだし、メモリも食いそうだから全く期待していませんでした。とりあえずROMカードをFMRに刺し、(FMR-CARDの場合、ソフトがROMカードタイプだと、最初FMR本体のRAMディスクに若干の設定をするだけで、あとは刺すだけでOK。レジューム機能といい、簡便さ、機能性では十分今のWindowsXpやCEのノート、PDA以上かも)100Kバイトくらいのテキストファイルをワープロで読み込んでみました。最後までちゃんと読み込めたので、むむ、これは案外使えるかも…と思ってスクロールさせるとのったりのったりと、スピード的にまるで使えません。これはまた何か回避する手段がないものかとオプションを見てみると、テキスト・グラフィックという項目があり、グラフィックが選択されていました。多分これだろうと思い、テキストを選択すると、NEEDほど軽快では無いにしろ、かなり動作が速くなり、十分使えそうです。ブックマーク機能などもあり、意外と使いやすそうで、今FMR-CARDでテキストを打つ時はこれを使用しています。
ちなみにMS-WORKSのマニュアルはかなり分厚いのですが、設定項目などがあちこちに飛んでいて、かなり分かりづらいものとなっています。
ただ、使い始めなのでよくわかっていない部分もあるのですが、MS-WORKSで書き出したテキストは文頭とファイルの終わりにゴミが付くようです。他のエディタなどでカットすれば問題ないので気にはなりませんが。

FMR-CARDの使用感ですがキーボートはさすがにA4ノートですからキーピッチも十分、私の持っているのはJISキーボードタイプですが、それでもスペースキーの下に変換と無変換のキーがあり、日本語入力の要になっているので、ちょっと慣れる必要がありますが、これはこれで面白いです。
キーストロークはまあ、浅いほうで、とにかくパチパチと五月蝿いです。が、これもソフト的に出すキークリック音より自然だし、慣れるとキーを打っている実感があり、最近のコストを抑えるのがメインの安っぽいキーボードより好きかもしれません。外に持ち出して使うというより、自宅や周りに人のいない環境で自由なスタイルで打つのが良さそうです。とにかく電池も結構持ちますしね。

FMR-CARDのアキレス腱は液晶モニタとキーボードを繋ぐヒンジ部分です。先に紹介したFMR-CARD使いの方のページにも書いてありますが、開け閉めしていると液晶モニタを繋ぐケーブルが断線しやすいようです。事実、昔持っていた同機もある日液晶が真っ黒になり、修理に出した記憶があります。てなわけで、とりあえず蓋はそおっと開けるようにしていますが…もしかすると上の方のページの修理に関する記事のお世話になる可能性も…
また、うちの個体に限ったものかもしれませんが、ヒンジの部分にがたつきがあります。(使用上特に問題はありません。)

 というわけで、あまり普通の人にはお勧めできない(笑)機種ではありますが、とても15年前の機械とは思えない非常に先進的な面白さがあります。モニタケーブルの断線以外はハード的に経年変化に強そうだし、今でも正常に動く個体が多いのではないでしょうか。上記のとおり、XPのノートPCがあればテキスト打ちに十分使えますし、親指シフトタイプも存在するので、親指シフターにはキーピッチの余裕がある点でも使えるマシンかもしれません。

 単三2本で8時間駆動で、プロセッサをやや速い物にしてメモリを増やし、サイズをA5にして、SDカードスロット、PCMCIAスロットを付けたFMR-CARDを5,6万で売ってくれれば欲しいんだけどなぁ・・・一部インタートップがこの機種の後継とする意見もあるんですが、やっぱり充電専用バッテリータイプはバッテリーが必ずへたって使えなくなるので、後継とは認めません(笑

|

« 解答です(^^; | Main | さよならノートン »

Comments

初めまして。FMR-CARDに釣られて(笑)やって来ました。
私は親指シフト機を持ってます。

VZエディタですが私の所ではVer.1.60を使っておりますので1.57でなくても大丈夫だと思います。
但しカーソルでのファイル選択機能が上手く動作しないようです。
起動直後にファイルのパスを指定せずにEnterキーを押すとカーソルでファイルを選択する画面が出るのですが、FMR-CARDのVZではこれが上手く動きません。OASYS Pockt 3のVZでは問題なく動くんですが…

SRAMデータの移動はDOS機かWin95機を利用してます。
と言ってもBTRONメインの環境ではデータの移動が面倒な事もあって、FMR-CARDが活躍する場面は少ないのですが。
実身・仮身のハイパーテキストに慣れるとベタのテキストでは物足りなく感じるんですよ。

軽さを始めとてもいいマシンと思うのですが、私としてはこれでBTRONが動けば…と思ってます。
何と言っても初代BTRONはFMR機で動いてたんだから。

Posted by: BTRONユーザ | August 08, 2006 at 09:44 PM

>BTRONユーザさん

はじめまして。コメントをありがとうございます。
そうですか、VZエディタ、1.60でも動きますか。それはうれしい情報です。(^^)
やはりさくさくと動く編集容量に制限のないエディタ、使いたいです。ちょと高いけど動作するのなら買ってみようかなぁ。

BTRONは軽くてよさそうですね。最近のハードでTRONベースの単三で動く手ごろなテキスト入力マシンを作れば変換効率やレスポンスが劇的に速くなりそうな・・・・雰囲気としてはテキスト入力マシンというより、Wikiぺディア入力マシンみたいなものになるかな・・・・・・

Posted by: いしだ | August 09, 2006 at 05:18 AM

やっと仕事が終わり明日から休みに入ります。
あ〜、疲れた〜。

1.6用のパッチはVectorにあります。お試しあれ。
ただ、かなり後ろのページにあるので探しにくいかも。
それと1.6用DLファイルはパッチ本体だけなので1.5用も同時に持ってこないと.docが付いて来ません。

BTRONはいいですよ〜。
486マシンですらネット端末にしてしまうほどの軽快さです。
携帯用BTRONとしてBrainPad TiPOを普段から持ち歩いてますが、単三2本で50時間動きます。中身は実身/仮身を駆使したハイパーテキストデータなので自分の頭脳のミラ-サイトを持ち歩く様な感覚です。
最大の欠点はキーボードが無いこと。ペンタッチだとまともに入力できないんで専らデータビューアーと化してます。
早く出て欲しいんですけどね、単三で動く携帯BTRON端末…

Posted by: BTRONユーザ | August 11, 2006 at 10:14 PM

>BTRONユーザさん
 浦島並の超亀レスですみません。仕事が忙しくなったり、Thinkpadに嵌ったりして、VZエディタを購入してからご返事しようと思っていたら既に一ヶ月以上・・・(^^;申し訳ありませんでした。
 で、先日やっとVZエディタ買いました。教えていただいた通り、V1.6のパッチ当てもうまく行き、今はFMR-CARDで元気に走っています。勿体無いのでThinkpadにも入れたりしてますが、やはり長文がさくさく書けるきちんとしたエディタは良いですね。ありがとうございました。
 最初のファイル選択もモノクロ2値液晶の問題で、シフトキーを押しながらカーソルキー上下での複数選択を利用すれば使えないことも無いですね。ファイル名が短い場合はそのまま打ち込んだほうが楽ですが。

 未だにVZのパッケージに5インチFDが入っていたのが新鮮でした(笑)

Posted by: いしだ | September 16, 2006 at 05:21 AM

ご無沙汰しております。
Vzのご購入おめでとうございます。パッチも無事に当たり早速活用されてるとの事でなによりです。
これでFMR-CARDもバリバリ活躍できますね。

>Thinkpadに嵌ったりして
いや、解ります(笑)。私もThinkPadを数台所持しておりますので(^^;
最も低スペックなのは220ですが、1B/V3を入れてます。
このスペックでGUI動かせるのは驚異ですね。
ただ持ち歩く事を考えると単三2本のFMR-CARDの方が強いです。
220は6本ですから。

>未だにVZのパッケージに5インチFDが入っていたのが新鮮でした(笑)
え~?まだ5インチディスク入ってるんですか?
一体誰が使うんでしょうね?それより5インチディスクが未だに供給されているのかと…
まぁ、いくらなんでも“8インチ”は無いと思いますが(笑)。

それでは~

Posted by: BTRONユーザ | October 01, 2006 at 11:56 PM

>BTRONユーザさん
 こちらこそ、ご無沙汰してしまい、申し訳ありません。
 VZの件、ありがとうございました。FMR-CARDでの使用はあきらめていただけに嬉しかったです。

>最も低スペックなのは220ですが、1B/V3を入れてます。

 そうですか、現在もきちんと動作するTP220をお持ちとは素晴らしいですね。FMR-CARD並の先進性とそれ以上の汎用性がある今の軽量モバイルノートPCの始祖のようなマシンですよね。ヤフオクでも正常稼動品は滅多に出てこないようですが、コレクション性もあり、手放さない人が多いようです。今はエネループなど、充電式単三電池も高性能化しているので、程度の良い専用バッテリーも探すのが難しい現在、新品電池6本の運用でも使えるというのは大きなアドバンテージですね。

 あの環境でGUIが動くのは確かに凄いことかも。さらに非力なPC110で1B/V3を動かしている人もいるそうで、さすがにコンパクトなOSだけのことはありますね。

 それにしてもThinkpadのキーボードの心地よい打鍵感を知ってしまうと、ノート、デスクトップ含めて他のキーボードに触る気がしなくなるのが困り物です(笑)
日々多くの量のテキストを打つ人には間違いなくお勧めなマシンですね。

>え~?まだ5インチディスク入ってるんですか?
 PC98用なので、まあ、まだ事務室の片隅で使っている人はいるかもしれませんね(^_^;
コンパクトXVI以外のX68000シリーズでも読むだけなら読めますし(笑)

Posted by: いしだ | October 03, 2006 at 03:14 PM

こんばんは〜

>現在もきちんと動作するTP220をお持ちとは素晴らしいですね。

私の220は一度分解して内蔵電池を交換したのですが、巷で言われてる様に分解が面倒ですね。
面白かったのが、CR2477と言う通常の3倍はあるリチウム電池が入ってた事です。220は内蔵電池だけでも一時的にデータを保持できる機能があるみたいで、その為にデカイ電池を内蔵している様です。

> あの環境でGUIが動くのは確かに凄いことかも。さらに非力なPC110で1B/V3を動かしている人もいるそうで、さすがにコンパクトなOSだけのことはありますね。

えーっと、記憶違いされてる様なので訂正します。
220のスペックは386SL 16MHzですがPC110は486SX 33MHzです。230Cs(前期型)と同じですね。なのでPC110の方が高スペックだったりします(^^;
220で1B/V3を走らせた感覚は前記BrainPad TiPOと同じくらいです。TiPOが18MHzなのでほぼ同じですし。

因みに初代BTRONである松下のPanCAL ETは286 8MHzのFMR互換機(OEM)でした。1BはこれをAT互換機用に移植したものなので多分286機でも動作すると思います。
さすがにそんな機械は手元にないので試した事はありませんが(笑)。
いや、FMR-CARDがPanaCALとほぼ同等のスペックなんですけど1B/VはあくまでAT互換機用なので…
だからFMR-CARDでBTRON動かせたらなぁ、と思ったりします。

> それにしてもThinkpadのキーボードの心地よい打鍵感を知ってしまうと、ノート、デスクトップ含めて他のキーボードに触る気がしなくなるのが困り物です(笑)
日々多くの量のテキストを打つ人には間違いなくお勧めなマシンですね。

ThinkPadのキーボードは優秀ですよね。もっとも私は親指シフターなので入力メインの時は富士通ノートを使ってます。でも

Posted by: BTRONユーザ | October 03, 2006 at 08:19 PM

>BTRONユーザさん
 あ、確かに非力というとまずCPUの方を考えますよね(^^;
 110はFMR-CARD同様標準でHDDが無くて、少ない容量ながらもHDDを持っている220に比べてGUI志向のOSを乗せるにはスペース的に非力という印象があったものですから…
でも110で動かしていた人も外付けHDDやHDDカードを付けていたようなので、本体だけで稼動していたわけでは無いようですね。
http://www.asahi-net.or.jp/~gc6d-htt/110.html

それにしても超小型の110にしろ、電池で動く220やバタフライキーボードの701Cとか、昔のIBMはかなり先進的な一面もありましたね。

仰る通り、FMR-CARDが所謂AT互換機だったら今でももっと使い方も広がっていたのにと、ちょっと残念です。あの頃は98帝国が栄華を極めていたので、DOS/Vもマイナーでしたっけ。うちもマイナーさでは負けないX68000を使ってましたけど(笑

Posted by: いしだ | October 03, 2006 at 11:28 PM

いしださん、こんばんはです~。


>GUI志向のOSを乗せるにはスペース的に非力という印象が

あっ、なるほど。そっちの意味でしたか。
でもPC110はピコフラッシュ(現在のコンパクトフラッシュ)の専用スロットがあり、それを起動デバイスにできるので、現在では容量の大きなものでも手軽に使えますよ~。そうすればPCMCIAの2スロットはまるまる空きますし。
それにCFごとに異なるOSを用意すれば簡単に別マシンに変身します。
まさしくウルトラマンですね。

>昔のIBMはかなり先進的な一面もありましたね。

そうですね。IBMブランドでも特にRIOS製のは個性が強く魅力的なマシンばかりでした。なもんで実はRIOS四兄弟持ってたりします(^^;
これだからThinkPadにハマると…

>うちもマイナーさでは負けないX68000を使ってましたけど(笑

うーむ……X68000は使ったことないですね。
私は元々OASYSユーザでコンピュータに移行した時もOASYS&親指シフトが最優先でしたから。
一番マイナーなのはFM-TOWNSのラップトップ機かな?TOWNSユーザですら現物を見たことのある人は少ない幻のマシンです。これはJISモデルしかないんですが、後にFMRのキーボードを換装して親指シフトにしました。

Posted by: BTRONユーザ | October 05, 2006 at 12:03 AM

>BTRONユーザさん

>それにCFごとに異なるOSを用意すれば簡単に別マシンに変身します。
>まさしくウルトラマンですね。

なるほど。現在の大容量化したCFが使えるのは大きいですね。FMR-CARDもCFスロット用意してOSが起動できれば良かったですね。一応ちゃんとしたキーボードを持っているわけで、ウルトラマンPCにも十分対抗できるはず……FM-7に準えてウルトラセブンPCとか言って(笑
返す返すも登場が早すぎたのが残念です。

Posted by: いしだ | October 05, 2006 at 12:44 AM

いしださん、こんばんは。

>FMR-CARDもCFスロット用意してOSが起動できれば良かったですね。

同感です。ATAカードに対応しててOSの変更ができればもっと活用の幅が広がったでしょうから。今ならCFよりSDの方がいいかな?
もっとも、このスペックで動くのはDOSと1Bくらいしか無いのが現実ですけど(^^;
かと言ってクロックを上げると単三2本駆動のメリットがなくなりますし。
バランスが難しいところですね。

>返す返すも登場が早すぎたのが残念です。

「早すぎた名機」と言うのはFMR-CARDユーザに共通の印象みたいですね。
私もそう思います。
Windowsの肥大化に伴って乾電池駆動と言う発想が消滅したのが残念です。
多分ThinkPad 230Csが最後じゃないかな?
ある程度汎用性のある電池だとチャンドラくらいですか。
…ってRIOS製ばっかやん(笑)

こう言う思想で作られたマシンてモバイルの猛者には結構需要がありそうなんですけどね。
RIOSはとっくに解散してるし、どっか出してくれないかなぁ…

Posted by: BTRONユーザ | October 05, 2006 at 11:04 PM

I was extremely pleased to uncover this great site. I need to to thank you for your time for this wonderful read!! I definitely appreciated every bit of it and I have you saved as a favorite to look at new stuff on your web site.

Posted by: รับทำ seo | July 24, 2015 at 07:41 PM

Howdy, i read your blog from time to time and i own a similar one and i was just curious if you get a lot of spam remarks? If so how do you prevent it, any plugin or anything you can advise? I get so much lately it's driving me mad so any support is very much appreciated.

Posted by: หมูปิ้งขายส่ง | July 26, 2015 at 10:51 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84881/11016774

Listed below are links to weblogs that reference FMR-CARD:

» bilancia elettronica cucina [bilancia elettronica cucina]
chat free italia controller scsi raid albergo stazione napoli [Read More]

Tracked on July 27, 2006 at 12:49 AM

« 解答です(^^; | Main | さよならノートン »