« Nikon Scan4の機能を試す | Main | OM ZUIKO 200mmF5 »

October 17, 2005

トレーニングマシン

トレーニングマシンと言っても体を鍛えるマシンではありません。(^^;

レンジファインダー機用のレンズには距離計に連動しない、目測前提のレンズがあります。
まあ、通常は広角系のレンズなので、絞って使えば目測がかなりはずれていてもなんとかなる場合も多いわけですが、せめて1メートル~5メートルくらいまで自分の距離に対する勘を養っておけば安心して絞りを開けて使うこともできますし、さらにLマウントにはフランジバックの関係でかなりの種類のマウントアダプターが存在し、これら経由で色々なメーカーのレンズを使う場合は特殊なマウントアダプタを除き、広角~中望遠まで全て目測で対応するか、外付けの距離計や別な距離計内蔵カメラを測距に使うことになります。

というわけで、自分はどのくらいの距離勘があるのかを探るため、E-300にオリンパスやペンタックスの40mmや50mmといったフォーサーズでは中望遠になるMFレンズを装着し、ターレットファインダーを付けて試してみました。
方法は簡単で、被写体までの距離を勘で決めてピントリングをセット、レンズの開放付近の絞り(F2~F4程度)でターレットファインダーの実際の画角に近い焦点距離を使ってフレーミング(この時勘に基づいたパララックス調整も行う)して撮影し、その場でどの程度ピントが合っているか確認、これを色々な距離の被写体を選んで繰り返すというものです。

E300S

結果はまあ、散々です(笑
2メートルくらいかな?と思ったところが2.5メートルだったりと、近めの距離で中望遠開放付近だと数センチずれたらぼけぼけになります。もちろん、別に一眼レフで被写体を決めてファインダーを見ずにピントを設定し、そのあとファインダーを覗いてピントがあっているかどうかを確認すれば済むわけですが、それではあんまり面白くありません。(^^;)

そんなわけで、折角のデジタル一眼ですから、じゃんじゃん撮ってその場で確認、距離勘を鍛えることができるかな?と思ったのが今日のタイトルです。(笑
特にE-300の場合、ペンタ部が無いシンプルな箱型なので、ターレットファインダーをつけると妙に恰好よくなります。さらに内蔵ストロボもアクセサリーシューから外れている位置にあるため、外付けファインダーと同時に使うことができ、その姿はまるで変形すると武器が一杯出てくるモビルスーツか、十徳ナイフかと思わせるメカっぽさです。また新たなE-300の魅力を発見です。(笑)

今後はこの距離勘養成トレーニングマシンを使って距離勘を養い、より精度の高い人間距離計を目指したいと思います。(w

また、これをやっておくと手持ちのレンズの距離指標の信頼性の確認にもなります。ペンタのM40mmは良い感じでしたが、コシナの20mmは違いすぎ・・・・フォーサーズは誤差を大きく見せるにしても、これはあまりにもあてにならないかも・・・・_| ̄|○

↓たとえばこういう薄暗いところで広角で無くても目測でピンがびしっと決まると嬉しいかなと・・・(笑

Imagea6S
LeicaIIIf + Super WIDE-HELIAR 15mm F4.5
+ KONICAMINOLTA CENTURIA SUPER 200

それと、E-300で外付けファインダーを付けて使っていると、意外に撮影が楽しいんです。(結構本気)
考えてみればこれはベッサLを分厚くしたデジタル版を使っているようなものでもありますし、面倒な距離合わせも楽しめ、シャッター音も歯切れ良く、ブラックアウトも起こらないので軽快な撮影フィーリングが心地よく、これで人間距離計としての精度が増せば、このスタイルも十分有りかな・・・と。(笑

ああ、自分がどんどん不便好きな変な人になっているような気がする・・・・(笑

|

« Nikon Scan4の機能を試す | Main | OM ZUIKO 200mmF5 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84881/6435699

Listed below are links to weblogs that reference トレーニングマシン:

« Nikon Scan4の機能を試す | Main | OM ZUIKO 200mmF5 »