« April 2005 | Main | August 2005 »

July 24, 2005

Shade 8

shade8
放置ばっかりも何なんで最近ふと思い立ちアップグレードしたShade8について。

かなり前のことですが、ShadeR4はかなり安定したバージョンで、動作も非常に軽快だったので仕事がらみもあってよく使っていました。プラグインやスクリプトなんかも自前で作ったりしてたわけですが、R5以来、プラグインの仕様も変わり、動作も劇的に重くなったのでR5はバージョンアップしたものの、インストール直後に触れただけでこりゃ使えんわとずっと放置してR4を使ってました。

現在も仕事で急ぎでメカ系のイラスト等を作成するときはR4を相変わらず使っています。
いまだに使っているサブマシン、athlon1.4G+MatroxMillenium G550上ですらサクサク動くR4は驚異的に使いやすいです(笑

で、最近Shadeの新しいのが出たということで、久々にアップグレード。(5→8:スタンダード版)
売りはポリゴン編集の強化とか・・・他にも操作性が良くなっていたり、レンダリング手法が増えていたり、他のフォーマットのファイルの連携も強化されていたりと色々面白そうだったもので・・・。

とりあえず8をサブマシンのミレニアムG550のほうにインストールしてみたところ、起動はするけど動作激重でポインタはまったく追従せず、球を作っただけで落ちます・・・orz
で、ShadeOnlineのOpenGL設定表に従ってOpenGLを使わない設定にすることで解決。ただ、R4に比べるとワイアフレームでも動作がかなり重いのでこのマシン上ではあんまり使う気になれませんねぇ・・・(^^;カーソルがいちいち消えたりするのもシャキシャキ感が無いです・・・。これもWindowsのカーソルや枠関連の設定で改善される可能性があるようですが、こんな基本的な部分はいちいち設定変えたくないなぁ・・・。

R4ではDirectXにも対応していたのですが、R5からはOpenGLに一本化されていますしね~。これもR5を使わなくなったきっかけだったような気もします。Mac共通開発の過程で面倒くさくなったんでしょうか・・・・。比較的古いグラボの場合はOpenGLよりはるかに高速なDirectXの存在は大きなメリットだけにWinユーザーとしては不満が残ります。

次にメインのAthlon64+NVIDIA GeForce FX5200のPCにインストールしたんですが、CD付属の形状データを普通に開いた時や新規シーンにした時、作業画面(3面図+透視図)が真っ白で境界線も全部消えます・・・・・おいおい・・・orz
ブラウザ上では形状は存在し、レンダリングもできます。
ちなみに、8.01のパッチは当てています。

カーソル動かしても何しても真っ白なのでこれでは球すら作れません(^^;
FX5200のドライバでもアップデートすりゃ直るのかな?でも面倒・・・。

アニマス11だってMAX7だって普通に問題なく動く環境でShadeだけまともに動かないのはやはりマイナスポイントが大きいなぁ・・・;
機能がどうこう以前にさすがにこれではつらいですね・・・(^^;

で、これのとりあえずの解決法はウインドウの最大化あるいは元に戻すでウインドウサイズを変えたり、最大化していない場合はShadeのウィンドウをずらして手動で再描画することでやっとワイアフレームが拝めるようになりました。

なんだかまだ色々問題がありそうなのでとりあえず8はそのまま封印しておき、しばらくアップデータの動向を見たいと思っています。

ちなみにR4と比べてずいぶん進化したパレット類の操作のまとめ方などはさすがに良くなったなぁと思いました。
一応メインマシン上ではある程度込み入った形状でもスムースには動くようです。スキン画面では動作が重くなるらしいですが、そこまで検証する気が起きないというか・・・(^^;

今後Shadeに望むものはバグつぶしは勿論として今後はR4のサクサクとした操作感を蘇らせてもらうのが一番の希望かなぁ・・・。
あとはクロスシミュレーション、ヘアー、パーティクルエフェクトなどは昨今の3Dソフトの必須機能となっている感があるので、数値入力型プラグイン等でお茶をにごさずにぜひ「本体の操作と違和感の無い形で」対応して欲しいですね~。さらにMAXのキャラスタのような使いやすそうなボーンシステムもあれば・・・。

MAXと言えば、六角大王のようなミラーモデリング(左右対称を反映しつつのモデリング)ができるので、これを一度使うともう人の顔や体などの左右対称のものはミラーモデリングできないソフトで作る気になれなくなりました(^^;(いまMAXお試し版で勉強中。購入の予定。)左右対称のものは片方だけ作って反転コピーをしたときにバランスが崩れていて再度修正しなければならないケースが多々ありますので今後のモデラーにこの機能は必須かなぁ・・・。

加えてShadeの自由曲面の場合はアニマスのようなポイント単位の編集ができないので、顔など複雑な形をしたものはいくつかの部品に分けなければならず、表情を作る時などは潰しのきかない作業になりがちなので、例えば同一座標上にあるポイントをグループ化すればハンドルから何から1つのポイントとして扱える機能なんかがつくといいんじゃないでしょうか。

あるいはR4にファイル入出力とかインターフェイスとか、動作や安定性に影響の出ない機能を付加したものをBasicとして出してくれてもありがたいかなぁ・・・。

いずれにせよ、今後も国産ソフトの雄として、最低限動作が軽い、基本的な部分でのバグだけは絶対に出さない初期バージョンのリリースを目標に、時枝さん以下スタッフの方々にはがんばって欲しいものです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2005 | Main | August 2005 »