« March 2005 | Main | July 2005 »

April 14, 2005

たまに復活。LDダビング中

んー、なんやかやと忙しくて更新しないうちにどんどんそのまま放置状態になってしまいますた(笑

最近はお天気も悪く、精神的に忙しい(笑 ので写真からちょっと離れてます。(まあ散歩にカメラは持っていって撮ったりはしてますが)

このところ、ふと思い立って手持ちのLD(レーザーディスク)をDVDにダビングしてます。前から思ってはいたのですが、LDは盤自体も劣化しますし、LDプレーヤーがいつ壊れるとも限らないのでできるだけ早めにダビングできるものはしておきたいなと・・。

LDの場合コピーガードが無いんでそのままケーブル繋いでダビングできるわけですが、久しぶりに引っ張り出してきたLDは思った以上に汚れてるんですね、これが。で、こりゃいかんと思って早期DVD化計画発動というわけです。

とりあえず「ふしぎの海のナディア」全39話のダビングを終え、現在「仮面の忍者赤影」の「根来編」をダビング中。(金目教篇(13話)はダビング済み、卍党篇はDVDを所有、魔風篇は未所持)

ナディアも赤影も近所のBOOK OFFとHARD OFFで中古のボックスを買ったんですが、特にナディアは今みると汚れだけでなく細かい傷もあり、せめて汚れだけでもとらないと結構ノイズが出るんですよね。LDのノイズはかなりシャープな目立つ線が上からゆっくり下まで流れたりするので性質が悪いです。

とりあえずナディアはスプレーでゴミを吹き飛ばしてからカメラレンズ用のレンズクリーニングペーパーでごしごしとやったわけですが、枚数もあり、盤自体もでかいのでかなり手が痛くなりました。一応表裏を一括でHDD録画してデッキ(パナソニックのDIGA)で各話ごとに分割してマーカー機能でオープニングをとばすためのチャプターを入れてDVD-Rにダビング、枚数が多いので結構苦労しました。ノイズの乗りが多い話ではその話だけさらにLDを掃除して撮りなおししたり・・・。

まあ、DVDボックスを買えば済む話だし画質もいいんでしょうが、えらく高いし、せっかくLD持ってるんだから勿体無いので半ば意地でダビングしてるんですけど。

で、久々にナディアを全話鑑賞したわけなんですが、島篇の韓国発注分の作画は本当に酷いなぁなどと思いつつアフリカ篇あたりで漠然とエンディングのクレジットを見ていると、なにやら変な名前のクレジットが・・・・ヽ(^.^;)ノ

第34話の「いとしのナディア」の原画スタッフクレジット周辺に「いぬまくら」(なんかエースをねらえOVAの「さきまくら」みたい)とか「岡本悲八」とか「空母そ・そ・そ・そ」とか「マスオさん」とか「キング」とか「魔砂一」とか怪しい名前が一杯・・・・(^^;)

インターネットで調べてみると韓国発注分の作画のあまりの酷さに激怒した庵野監督が急遽ポケットマネーで身近でコンテ切りや作画ができるスタッフに発注してその回を作り直し、そのスタッフのペンネームがクレジットされているんだとか。いやはやなんともすごいことではあります。(空母そ・そ・そ・そは庵野氏のペンネームとの事)
有りもの以外、大幅に作り直したとされるこの回も歯磨きのシーンの作画は非常にアレなのですが、そこだけ韓国作画分を残したのかな?ヽ(^.^;)ノ
韓国発注は最初から決まっていたそうで、まさかそれで予算を浮かせて着服していたんじゃないだろうな、NHK側スタッフ・・(笑

ガイナックス作品ではトップをねらえ、ナディア、エヴァンゲリオンなんかをLDで持っているわけですが、やっぱり一番ナディアがまとまっていて面白いかなぁ・・・。最終回、感動的だし。トップも面白いのでダビング予定。

エヴァは時が経つほどどんどん再び観たくない作品になっているかなぁ・・・。後半のグログロで悲惨な展開+尻切れトンボ(TV版)またはもっとゲロゲロ(Airとかの劇場版)が待っているかと思うと当時面白かった(多分今観てもかなり燃えるだろう)前半もあんまり観る気がしないんですよねぇ・・・。LDのダビングはエヴァに関してはあんまりやる気がおきないなぁ。かといってDVD買うつもりも無いし・・・。やっぱり作品は終わり良ければ全て良しなんですよねぇ・・・・終わりが悪いとそれまでの輝きが時を経るほどにどんどん失われてしまう・・・。

赤影のLDも結構汚れ(なんで汚れるんだろう?)がきていて、ナディアの時のような辛いレンズペーパーでごしごし作戦をやめ、ええい、ままよとウエットティッシュで拭くという荒業に出ました。こっちのほうが汚れがよくとれるし、楽です。まあ、あとでどういう影響が出るかわかりませんが、一度DVD化してしまえばこっちのもんということで・・・ヽ(^.^;)ノ

で、今根来篇をダビングしていてびっくりした事・・・・ムカデの化け物を操る超ミニで真っ赤な網タイツを履いたくノ一が出てくるんですが、この役者がかの愛知万博反対を公約して当選すると賛成に寝返って支持者から訴訟まで起され、次回で当然のように落選してしまった末広真樹子元議員と同姓同名・・・調べてみるとどうやらご本人のようで・・・ヽ(^.^;)ノ

このくノ一の役でも自分の役にたたなくなった味方のくノ一をあっさり裏切って殺そうとし、最後はその味方に裏切られて死んでしまうという展開で、なにやら現実と被っているのがそこはかとなく愚か者の辿る末路だ・・・((cv)清川元夢)・・・と。

古い作品見ているとなんやかやと新しい発見もあるものですなぁ・・・・。
とりあえず坂口祐三郎さんと牧冬吉さんには良い夢をありがとうと感謝しつつ合掌・・・。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2005 | Main | July 2005 »