« E-300(2) | Main | E-300+SMC Mマクロ100mmF4 »

February 17, 2005

E-300(3)

figaroE-300の個性として青空がPLフィルターを付けて撮ったような濃厚な色あいになりやすいことが挙げられます。
他のカメラでもRAWで撮ってホワイトバランスをいじったり、範囲指定してカラーバランスを調整することで似たような感じにはできますが、普通に撮るだけで青空がどんな色合いになるのかが楽しみなカメラというのもなかなか楽しいのではないでしょうか。傾向としては全体に赤みが強い絵になることが多いようです。

ちなみにE-300のAWB(オートホワイトバランス)は外れることも多いので、私はRAW撮り専門で使っています。
特に一面が枯れて黄色く染まった野原などはとんでもなく青くなったりすることがあるのですが、これは最近のファームアップで修正項目にあがっているようです。
私の場合はRAW撮り専門なのでWBがはずれても簡単に修正できますので、ファームアップはもう少し様子を見ようかと思っています。(現状で不満がなければ常にエンバグやトラブルの可能性があるファームアップはしないにこしたことはありません。)

この写真はキットレンズ14-45mm/F3.5-5.6の広角側で撮ったものですが、このレンズは歪曲収差が強めなものの、さすがにフォーサーズ専用設計だけあっておまけレンズと侮れない写りの良いレンズだと思います。
まあ、マウントアダプタで単焦点レンズなんかを使うのが好きな私はキットレンズはあんまり使わないんですけど・・(笑

それにしても昔の元気な頃の日産の企画モノだったフィガロですが、味がありますねぇ・・・。今でもフィールドグレーなフィガロなんかも見かけたりします。

|

« E-300(2) | Main | E-300+SMC Mマクロ100mmF4 »

Comments

この時代の日産はBe-1とかPAOとかのパイクカーで今と違う勢いがあったよね。ゴーン時代になって、目新しい感じがしたものの、今はデザイン・アイデンティティの均一化を考え過ぎのような感じもします。ま、それで会社が立ち直ったんだから経営的にいいんだろうけど。でも、今のクルマは見た目だけでも楽しそうなクルマって少なくなったような気がします。クルマの話ですまん(笑)。
で、青空だけど、D100からD70に変えた時に青空の出方がすごいきれいになったと思いました。

Posted by: いっこー | February 18, 2005 at 02:46 AM

Be-1とPAOは地味だけどマニア受けしそうなデザインですよね。フィガロのほうは一般人にも分かりやすい気がします。実用性とクラシカルなデザインがうまくバランスされて未だに大事に乗っている人が多いのかな。

今見た目からして楽しげな車はコペンかなぁ。顔が2ちゃんねるとかで良く見るフェイスマークの(・∀・)イイ !をつい連想してしまうのだけど(笑

パイクカーとは方向性も違うし気合入りまくりですけどね。

Posted by: いしだ | February 18, 2005 at 12:24 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84881/2976286

Listed below are links to weblogs that reference E-300(3):

« E-300(2) | Main | E-300+SMC Mマクロ100mmF4 »